お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

野生動物の侵入!人家に住み着く動物への対策とは?COLUMN

千葉県・茨城県・東京都内、全国でも住宅や民家などの屋根裏に侵入する野生獣の被害が毎年のように問題となっています。

農産物による被害も大きな問題となっていますが、近隣に住む民家や住宅地にまで発生し人間に危害を与えかねない動物が夜に活動していたり、屋根裏などに侵入する動物による被害が後を絶ちません。

 

関東近郊では…

田畑を荒らす野生動物が発生する地域は森林のある自然に囲まれた環境の近くが多いように思いますが、密集した住宅の建物にまで現れるようになり、目撃情報も相次いで起こるようになりました。

なかには人間の身勝手な行動によって飼育放棄をしたことで繁殖していったものも増えてしまっている現状を回避しようと力を入れて活動している団体によると地域によってイノシシやキョン・サルなどによる被害も毎年起きていると言います。

クジョリアは家屋に侵入する中型獣ハクビシン・イタチ・アライグマ・タヌキの駆除に力を入れて活動を行っております。

 

屋根裏に侵入する野生獣とは?

様々な野生獣がいるなかで家の中に侵入して糞尿や騒音などの被害を与える動物とは?

我が家を守るために野生獣たちの特徴を知っておきましょう。

天井裏からドタドタと物音がしたら…もしかしたらその正体はハクビシン、タヌキ、アライグマ、イタチなどの仕業かもしれません!

中型獣は比較的体型もスリムで身軽…木登りが得意な彼らは屋根裏などの高い場所にもすんなり登れてしまいます。

民家などの屋根裏などに侵入する野生獣の特徴をご紹介!

 

 

特徴で判断!動物の見分けるポイント

屋根裏に侵入しているのは一体何なのか?タヌキ?アライグマ?

特徴を掴んで違いを知っておこう!

 

アライグマ

顔の模様:

眉間い黒い筋がある

耳の周りが白い

鼻は黒い

 

全身の姿:

灰褐色グレーがかった体毛

尾が長くフサフサの横縞模様

(タヌキは尾が短く縞模様なし)

足は白っぽく足跡は人間の子どもの手のような

5本の長い指が特徴

後ろ足で立ち上がることができる

(タヌキや猫では無理な姿勢)

背中を丸めたような姿勢で歩く

 

行動:

泳いだり木に登るのが得意

塀や電線の上を歩く

基本的に夜行性ですが、日中に活動することも

木の実や果実だけでなく動物を食べる雑食性

★:人間を襲う凶暴な一面もあるので注意!

寒さを凌ぐために民家の屋根裏や小屋などに侵入

繁殖期以外は単独行動、なわばりはつくらない

タヌキ

顔の模様:

目のまわりから頬、左右繋がるように黒模様

耳は丸みのある三角で縁が黒い

 

全身の姿:

肩から腕にかけて脚は黒い

尾は地面に届かない長さ(模様なし)

黒い模様は個体によって差があり

全身黒っぽい個体もいる

肩から黒っぽい模様が目立たないタイプも

4本足の梅の花のような足跡を残す(肉球)

冬毛11月~5月頃

6月~10月頃の夏毛は毛が短くなりタヌキと気づかないほど痩せて見え犬と間違えることも

★:疥癬症の症状によって毛が抜けてしまう症状によってタヌキには見えない姿になることもある

 

行動:

夜行性で臆病なタヌキはアライグマとは違い家族と行動していることが多い

屋外にため糞をする習性がある

その糞にはなわばり識別の役割がある

臆病な性格で夜以外は隠れ場所に身を潜めていることも

夜になると餌を求めて活動

ことわざで「狸の寝入り」タヌキは死んだふりをするなどと言われていますが、実際は大きな音などにビックリして気絶してしまうほど繊細で臆病な動物です。

猟銃や車のクラクションの音でもビックリして気絶した姿に勘違いしたと言います。

ハクビシン

顔の模様

鼻がピンク色

鼻筋白模様のラインが特徴的

目の下や耳の下に白い模様が入っている

 

全身の姿:

体長90~110cmほど尾の長さは40cm以上

アライグマやタヌキと違い尾は細長く先端が黒や白の個体もいる

手足首筋辺りから黒や茶色

5本指で爪があり足跡は5cm程度

手足や体色は個体によって濃さなどが異なることもある

 

行動:

ハクビシンはスリムな身体で、屋根裏などの隙間から侵入するのが特徴的

木登りなども得意とする

人間を見ると逃げだすほど臆病な性格

ねぐらとなる場所に糞尿をするため病原菌のもとになったり天井を腐敗させる

冬眠をしないため繫殖力が高い夜行性

雑食性で果物や野菜、民家に住み着いたネズミなども捕食する

 

イタチ

顔の模様:

顔は小さくフェレットと間違われやすい表情

顔周りだけが茶色や黒色

 

全身の姿:

ハクビシンよりも身体は小さく細長い

全身が褐色で顔だけが濃い色

 

行動:

垂直な壁なども上がることができ、数センチの隙間でも通り抜ける

見た目とは違う凶暴な一面を持つ

雑食性で魚や鳥など肉食し、果物や木の実も食べる

川や池などの水辺にいることが多かったものの、餌が豊富な人家にまで現れるようになった

屋根裏などを住処にし鳥やネズミなど捕食、生ゴミも食べる

 

害獣が発生する原因は?

 

地域によって様々な野生動物が生息しています。野生動物と人間は共存しながら生きています。

それは自然なことで決して悪い事ではないけれど、野生動物が脅かす被害が多いのが現状です。

発生する時期など異なることもありますが、都心でも出没している事例もあるのです。

都心などでは動物園から抜け出してきたの?と疑ってしまうほど意外なところで姿を見る方も少なくないようです。

彼らも生き抜くために行動範囲を広げ人間の住むすぐそばにまで来るようになりました。

 

出没のその発生原因となるのは、森林伐採、森林開発などにより野生動物たちの棲む場所やそこでの餌となるものが減り山間から下りてきてしまう事例もニュースや報道されていますね。田畑に野菜や果物などが豊富な時期にサルやイノシシなどが餌を求めて下りてくるのもその原因と言えます。

 

元々は人間が飼育していた動物が何らかの理由によって森林やその地区で生息し住宅地では食べ物を求め、野生化した動物が敷地内に侵入してくるケースもあるようです。

自然豊かな環境では、田畑があることで農作物への被害が大きな問題となっています。

特にハクビシンやアライグマなどは木登りが得意であるため戸建ての屋根裏など高い場所にも簡単に登ってしまいます。そして身体が猫のようにスリムだとわずかな隙間から侵入して家屋や倉庫の屋根裏ねぐらにしてしまうのです。子どもを出産する時期など、外敵から身を守るために侵入するハクビシンが増えています。

捕獲してくれるの?

 

こちらで紹介したアライグマ、タヌキ、ハクビシン、イタチなどの野生動物を対象に、屋内による被害を予防、住み着かれてしまった家屋の追い出しなどをメインに駆除を行っています。家屋や庭先に侵入するという被害が続く中、放置は禁物。お家を守るための対策や駆除を行う必要があります。

田畑などの広範囲となる屋外での駆除、家屋や倉庫などの建物に侵入されてしまった場合、追い出し侵入口の封鎖消毒作業などの駆除を行っています。

 

これらの中型動物にも「鳥獣保護管理法」によって許可なく捕獲することは原則禁止とされています。

対策を取っても解決できず、農作物などの被害が大きくなってしまう場合など、やむを得ない場合、許可を得て捕獲を行うことができます。

詳しくは鳥獣保護管理法について各市町村などに問合せしてみると良いでしょう。

 

当社クジョリアでは、一般家庭で起きた害獣被害、お住まいの暮らしをお守りするための駆除、追い出し、再び侵入させないための施工、害獣となる野生動物を傷つけることなく作業を行っています。害獣が屋根裏などに侵入したことで、糞尿被害が生じ、その糞尿によってダニや寄生虫、多くの病原体発生し健康被害をも生じてしまいまう恐れがあります。追い出した後の糞尿清掃、殺菌消毒は重要です。天井板にシミができてしまうと木材が腐ってしまうとリホームが必要となる場合があるので早めに対処する必要があります。被害の状況によって木材、壁などの補修などが必要になる場合もあるので、野生動物がいなくなった後にも点検等を行うようにしましょう。いなくなって安心していても多くの雑菌・病原菌を残されている可能性があるので殺菌消毒を行い二次被害に十分気を付けましょう。

 

野生動物を追い出せたら…

忌避剤など嫌がるニオイや、何らかの方法で野生動物が出て行き、安心したと思ってもいなくなった屋根裏などには糞尿を残している可能性が高いのでしっかりとマスクや手袋、ゴーグルを装着して清掃、消毒作業を行い駆除をする必要があります。

上記でもお話したように、侵入されていた屋根裏には多くの糞尿が残されている可能性が高いです。それをそのままにしておくことはダニなどが繁殖し、お部屋に発生するようになってしまうこともあります。糞尿や臭いを残したままでいると再び戻ってくる要因にもなるので、侵入口を封鎖すると同時に糞尿清掃・殺菌消毒を行いましょう。

暗く狭い屋根裏には長年のホコリなどが多く溜まりやすいため視界も悪い構造の家屋もあります。困難が生じる場所であるため、そういった場所では専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

 

 

他にも発生する小動物は?

ご紹介した害獣以外にも同じ哺乳類となるネズミコウモリも害獣となります。

身体の小さなやネズミは小さな隙間から簡単に建物内に侵入してきます。特にネズミがいるお宅にはハクビシンが来やすくなるとも言われています。その理由はハクビシンはネズミを捕食します。時にはネズミを求めて侵入してくる個体もいると考えられるほど、誘発材料となることも…。

そして近年増加しているイエコウモリ!屋根や軒下などの隙間に侵入し、大量の糞をするとても厄介で不気味なコウモリが現在急増しています。

 

ネズミに関しては、クマネズミ、ハツカネズミ、ドブネズミなどが家屋だけでなく飲食店、倉庫など食品を管理している建物にも侵入され繁殖を繰り返す害獣として代表的です。ネズミの被害は全国各地で甚大な被害をもたらし、食品衛生管理法に基づいて許可なく捕獲処分を行うことを認められています

トラップなどを仕掛けて徹底的に仕留めていくための施工を行います。

ネズミの繫殖力はものすごく、一般家庭のみならず倉庫や飲食店などの食品を扱う店舗などで非常に多く発生してる厄介な衛生害獣となります。

 

ネズミがいる家屋では要注意!

ネズミが住み着いてしまっている場合、ネズミにとって天敵となるハクビシンなどが来てしまう可能性が高くなります。

ネズミの発生に気が付いたら繫殖力が非常に高いため早めの対策で駆除しなければ被害は大きくなっていくばかりです。

近隣でハクビシンが出没していた場合には特に注意が必要です。

早めの対策でお家を守りましょう!

 

 

 

可愛らしいアライグマも危険?!

ハクビシンタヌキなども猫や犬サイズとなると捕まえるのは困難であり、許可なく捕獲できないことはご理解頂けたでしょうか。万が一、家の傍で見かけても、人間を見て逃げてしまうほど臆病な性格をしていますが、アライグマは見た目とは違って意外と気性が荒く凶暴です。見た目が可愛くて人間が近づいて刺激するとアライグマは身を守るために噛んだり爪で引っかいたりしてくることがあります。動物園などで見かける人間に管理された動物とは違い、危険がいっぱいです。

基本的に夜行性であるため、ひと気のない時間帯に活動していることが多いようですが、深夜に田畑などに忍び込んで作物を荒らし、家屋に忍び込むのも昼夜を問わず行う個体もいるとも言います。イタチなども凶暴だと言われていますが、手を出さなければ襲い掛かってくることは極めて低いと考えられます。動物達も必死の行動でもあるので、どの野生動物においてもむやみに近づかないようにしましょう。

自然と来なくなった…とねぐらを変えて活動する個体もいます。

嫌な思いをすると近寄らなくなることもありますが、何らかの理由によって再び屋根裏に侵入されたとの声も聞かれます。

襲い掛かってくることは少なくても、野生動物に咬まれたり引っ搔かれてしまうと感染症の恐れがあり、どのような菌やウイルス持っているのか分かりかねない部分もあります。素手で触ることや、狭く暗い天井裏から確認を行うこと、危険が伴う行動は避け、専門の業者に調査依頼をお願いすることをおすすめします。

 

野生動物に餌付けは禁物!

 

ハクビシンやアライグマなどの野生動物に直接餌を渡せなくても、あえて餌となるものを置いて置くなどの行為はやめましょう。

自身が与えた餌を可愛らしく食べる姿を陰ながら見て癒される方、動画を撮る方も増えており、生態系の調査を行う訳ではなく、まるで野良猫や野良犬に餌付けをするかのように好意で餌を置いている方も少なくないようです。

ゴミや食べ残しを荒らすカラスやハトにおいても同様ですが、彼らの生態系を壊してしまう恐れがあるため、これ以上の生態系を壊さないためにも、我々のマナーで彼らを自然に返す取り組みにご協力をお願いします。野生動物発生の珍しい光景を写真で撮ったり、SNSでアップされることも、危険が伴うため近づいたり、餌付けを繰り返しいつもそこに行けばあるもの、ここは安心と認識させ懐かせていくのは、彼らが生き抜く野生の本能を乱してしまいます。

繁殖が増せばその地域で起こる問題、近隣トラブルにも繋がり、後に対処しきれない問題となってしまいます。

 

 

おわりに…

今後も様々な場所で出没するとされる野生動物たちに我々はどのように注意を払い生活していくべきか、非常に難しい問題であります。

農作物の被害が急増していくと共に、近隣家屋へ侵入する被害を防止する手立てとして、安心した暮らしができるよう駆除業者も力を入れています。

屋根裏に侵入されているようでも「放っておけばいなくなる…」「可哀そうだからそっとしておこう」そんな声も聞かれますが、建物に侵入されたままでいると糞尿が残り湿気の多い日には異臭が充満してダニなどが湧いてしまいます。二次被害となるだけでなく家屋の木材腐朽、健康被害にも繋がってしまう場合もあります。

侵入し住み着いてしまった場合には、野生動物を傷つけることなく追い出すことが大切です。

害獣がいなくなったことがわかったとしても、安心した暮らしを送れるように侵入口を突き止めて再び侵入されない対策を行いましょう。

既に屋根裏にいると思われる場合、むやみに近付かないで駆除専門の業者に問い合わせてみましょう。

 

千葉県内や茨城県でも、ハクビシンなどの害獣被害が相次いでいます。

ハクビシンは冬眠しないため一年中活動しています。作物を荒らすだけでなく、人家に侵入して住み着くことで騒音や糞尿被害が発生します。

被害対策を行いながら地域で発生する問題から皆様の暮らしをお守りするためにクジョリアは迅速に対応致します!

 

 

このページのトップに戻る