お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

家ネズミ種類に違いはある?早く捕まえなきゃ!おすすめ対策とは?COLUMN

自宅やお店、倉庫などの施設工場などで食材や製品を食いちぎってしまうネズミはどこから現れる!?あっという間に数が増えるネズミの繁殖力の脅威と駆除対策について詳しくご紹介!見たくないけど捕まえないと大変なことに!安全なオススメ対策とは?

 

 

ネズミの驚くべき繫殖力!

最も多く出現するネズミは

クマネズハツカネズミドブネズミ

この3種類が代表的!建物内に侵入しあらゆる被害を与えます!!

繁殖していく理由

なぜネズミはそんなに増えるのか…

ネズミの大きな繁殖理由…

・妊娠期間が20日間前後

・生殖期は生後3カ月~2年ほど

・1回の出産で5~8匹ほど産む

・1年を通して5~6回妊娠可能

・寿命は約1~3年ほど

・居心地の良い環境がある

・ねぐらや餌が豊富な環境

・家ネズミ(クマネズミ・ハツカネズミ・ドブネズミ)冬眠しない

・一年中活動する

 

ネズミの好む食べものや、育ち方によって出産回数や寿命も生息する環境や条件によって左右されます。

基本的にネズミは一年を通して活動し、何度も妊娠していることから繁殖力の出産回数を計算すると約30匹以上の数を一年間のうちに産んでいることになります。

「クマネズミ」「ハツカネズミ」「ドブネズミ」にはそれぞれの特徴がありますが、子供を産む繫殖力は同じように早く、驚くほどのスピードで出産していきます。

 

ネズミの妊娠ピーク

クマネズミは7~9月の夏。

ハツカネズミ・ドブネズミは3~5月の春と9~11月の秋。

暖かい夏の時期に繁殖ピークを迎えます。

基本的にネズミは寒さに弱いため、暖房設備の整った建物に侵入し餌やねぐらのある環境を求めて一年中活動しています。なかでも一番寒さに弱いのは「ハツカネズミ」です。寒い冬の時期でも、ネズミたちは室内や建物内の暖かく過ごしやすい環境に住み着いて季節問わずに出産をする個体もおり、冬に子ネズミを見かけることもあります。

 

 

家に住み着くネズミの数

住宅でネズミを見かけ一年放っておいたら…「何十匹ものネズミがいた!」「捕まえても子ネズミがまたいる!」そんな経験される方も多いのではないでしょうか。

実際に数十匹ものネズミを捕らえることもありますが、建物の構造や規模にもよって大きく異なります。何十匹ものネズミが同じ場所に集団になって育つのは難しく、それぞれに巣をつくり群れで生活していても数匹から10匹ほどの数で移動します。

ネズミにも縄張りがあるため、数匹から十匹ほどのネズミが家周辺、外部からの侵入が考えられます。

警戒心の強いネズミでも単独行動し、誤って人間に見つかることもあります。一匹、二匹と捕まえても、他で潜んでいるネズミは敏感になり、ネズミに仕掛けたトラップにも警戒し、頭の良いネズミであるだけに捕らえるのが難しくなっていくこともあるのです。

再びどこからか現れ、快適な空間である天井や屋根裏、壁の隙間などに棲み着く…その繰り返しになっている場合があるのです。

ネズミはあらゆる住宅の隙間を見つけ建物へ侵入してきてしまうため、建物の構造によっては発見しにくい場所も多くあります。被害の状況にもよりますが、難易度が高い建物となるのが戸建て住宅よりも、アパートやマンションなどの集合住宅。複雑な構造となる建物の被害現場からネズミの痕跡、その侵入口となる小さな隙間を見つけ出し、外からの侵入口を封鎖することが重要なポイントになります

まだ被害のない場合でも、寒さをしのぎながら餌を求めて入り込んでくるため、侵入口となる隙間がないかなどのチェックを事前にしておくのも大切ですね。

 

外から侵入したネズミは…

比較的にどのネズミも寒さをしのぐためや餌を求めて建物に侵入してきます。ネズミは暖かい時期に繁殖のピークを迎えますが、ネズミが出産をする場所として基本的には暖かい場所を好み、天井裏などの断熱材をボロボロにしながらねぐらを作り出産、子育てしながら一年中活動しているのです。

屋外で生活しているネズミたちは、洞穴など狭い空間で寒さをしのぎながら生活しています。

しかし現代のネズミは人間の住む環境に紛れ込んで繁殖していき、建物内に侵入を繰り返していきます。環境の整った人の住む建物内はネズミにとって楽園のような棲みやすさを知ってしまったようです。生まれた場所が屋内であれば、屋外で生活することは好まなくなるのは当然とも言えます…。

比較的、寿命の短いネズミは、子孫繫栄のように繁殖力が高いので、ネズミが屋内で繁殖してしまうと被害はあっという間に広がっていく恐れがあります。ネズミは深夜になるとキッチン周りなどの食材、食料となる餌を求めを荒らすだけに留まらず、天井の屋根裏などの断熱材を餌にして住み着いていきます。あちこちに落としていくフンには多くの病原菌が含まれ、ネズミの身体にダニやノミが寄生しているため、知らず知らずのうちに健康被害を与えることも…。

 

 

これってネズミの仕業?ここをチェック!

深夜に壁や天井からカタカタ物音

ガリガリ何かをかじる音

食材や衣類を食べられかじられている

フンらしきものを発見…

ラットサインの痕跡

姿は見せなくてもこのような異変が起きたら…ネズミの仕業かもしれません!

 

人の気配のない時間帯に出てきては徘徊するネズミ。お家に住み着くネズミに気が付いたら何処を見るべきか…!ネズミの種類によって営巣場所は異なるものがあります。

クマネズミ…

布や布団の綿、断熱材などを巣材にします。天井裏などの高い場所を好みます。

屋根裏、などに棲み付き断熱材を食い荒らしボロボロにされたり、押し入れ、天袋の下、建物の構造によって壁の内側などにも巣を作ります。

家のネズミ被害の9割近くがこのクマネズミとも言われています。「スーパーラット」となる生命力の強いクマネズミが増え駆除も難しく、警戒心が非常に強く、頭の良いのです。ラットサインを見つけ出し、粘着シートで捕獲!ネズミの通る侵入口をふさいで再発防止を行う戦略で駆除を行いましょう。

ハツカネズミ…

段ボールや新聞紙を巣材にして家屋よりも倉庫や物置などに営巣する傾向がありましたが、現在ではお家の屋根裏などにも巣を作ります。ハツカネズミは6~10cm程度の大きさで、ドブネズミやクマネズミと比べて小さく、飲食店や食品販売店、住宅などでもわずかな隙間から侵入します。主に郊外地域などで発生するケースが多いのですが、寒さをしのぐためや餌を求めて建物の様々な隙間から入り込みます。

シャッターと床の隙間換気口、意外と普段目に付かない隙間は建物に数多くあるものです。その中で侵入口を突き止め塞いだり、出口を作ったりなどの施工で仕掛けを行うことも。親指サイズの隙間さえあれば侵入できてしまうため、思いもよらない場所から入り込んでしまうのもネズミの特徴です。

 

ドブネズミ…

お家の中よりも外の下水道や地下街など湿った地中場所に多く営巣していましたが、都心の繁華街などにも現れ何らかの経路で建物内に侵入されることもあります。

それぞれのネズミの生息場所は環境によって異なりますが、ドブネズミは低い場所で活動すると言われています。

東京都内でも発生件数が多い屋内に侵入する猫サイズにもなる大きなネズミの正体はこのドブネズミである可能性が高いです。

 

ネズミが原因で火災?!

冬場の建物火災、漏電火災はネズミの仕業かも?!

基本的に何でも食べ、かじってしまうネズミ…。漏電・火災に繋がってまうこともある危険な害獣です。

電線や壁を伝って、壁と壁の中、配線の通る狭い場所や電気ブレーカーなどの狭い場所から室内に侵入してしまうネズミもいるのです!

特に寒い時期には暖房器具を使用し、空気が乾燥しているため、ネズミが誤ってコードを咬んで漏電したり、火災を引き起こす危険が高まります。

最悪の事態が発生してからでは遅いので、ネズミの被害に気付いたら早めの対策を取るよう強く呼びかけています!!

 

 

複雑な構造の建物

ビルやマンション、アパートでは、戸建て住宅よりも複雑な構造になっているため経路を調査するには難易度が高くなっていく場合もあります。

原因となる侵入口を見つけ出し、完全に塞がなくてはいけません。そのため発見しにくい隙間となる侵入口も多く存在するため、すべてを塞ぐ必要があるのかどうかの判断には、慎重に調査し、経験や知識を基に効果的な方法で罠を仕掛け捕らえていきます。2~3㎝の隙間さえあれば簡単に入り込むネズミ。子ネズミ赤ちゃんが増えるととても厄介!種類や個体にもよりますが、一度の出産で6~7匹産まれることもあり、深夜に屋根裏や壁の中を駆けずり回ることも…。精神的にも苦痛を感じる暮らしを一日でも早く改善できるように、あらゆる施工で食い止めていきます。一度の作業で終わりではなく、経過観察をみて更なる施工で着実に改善できるよう努めます。

 

 

 

 

ネズミ寄せ付けないおすすめグッズは?

様々なネズミ捕獲製品が販売されていますが、そんななかでも「ネズミを捕まえ方のコツは?」「どんな物を使えばネズミが来なくなる?」「おすすめする製品とは…?」どのような方法で駆除するべきか悩んでしまいますね。

「捕獲」「殺傷処分」に抵抗持たれる方が多いネズミの駆除ですが、まずは、捕獲以前に侵入されないための対策が一番大事になります!ネズミが入り込んできた隙間や穴を見つけ出し、侵入口を封鎖することです。

例えば、通気口、換気扇などネズミが通れる隙間や穴がないのかを調査する必要があります。そこを封鎖しなければ改善される余地がありません。わずかな隙間、3㎝ほどの親指サイズほどの隙間でも通り抜けることができるため、「侵入口」を見つけ出すには難易度が高く、一ヵ所だけとは限らず、被害現場の状況を見ながら「浸入経路」を辿っていく必要があります。フンを落としていくネズミには、その「フン」痕跡になりネズミの浸入経路を辿るポイントにもなります。

駆除の知識や経験がなければなかなか難しい作業となり、市販で販売されているグッズで応急処置を取られる方が多いのではないでしょうか。

 

ネズミの侵入口を塞ぐ

ネズミの出入りする「侵入口」を突き止めることが大切です。部屋に出てくるネズミを捕まえることよりも、まずは屋外の隙間となる侵入口を見つけて塞ぐのです。部屋の壁の隙間から出てきたとしても、経路を辿って捕まえなければなりません。外からの侵入口を塞ぎながら屋内に潜んでいるネズミを追い詰め捕まえていく駆除対策を考えましょう。

どんな場所をチェックするのかは、建物の構造によって発見しにくい場所もあるため、困難を極めますが、必ずそこを突き止めなければなりません。見えない壁と壁の間を通り抜けてあちこちに移動するネズミの捕獲は困難を極めます。床下、壁の間、排水管、通気口、わずか2~3㎝の隙間から入り込んでくるため、そんな隙間は数多くあるので、確実に通る場所を見つけ出すには、ネズミの足跡となる痕跡も重要です。

 

屋内にフンが沢山ある場所など、ねぐらとしている天井裏などに粘着シートなどを敷詰め毒餌忌避剤でネズミの嫌がる臭いを設置など様々な方法があります。ネズミをおびき寄せる臭いでの駆除や、ミントやハッカなどハーブ系の臭いを放ち、ネズミの嫌がる臭いで追い出しや寄せ付けにくくする方法などもありますが、「ニオイ」は時間と共に薄まり効果を維持させるには定期的な設置、殺虫剤などの薬剤を使用に関しても様々な方法を取り入れる必要があります。

せっかく捕まえることができたのに「またネズミが現れた!」その原因は開放された侵入口がまだあることや、まだ潜んでいることが想定できます。

食品の管理や荷物の保管など、ネズミにとって餌を得ることができない、嫌な空間を与えることも重要ですね。

 

市販グッズで捕まえたい!!

自分で購入した粘着シートにネズミが引っ掛かり一安心する方もいらっしゃいますが、再び発生してしまうことがあります。それは侵入口があれば再び外から入り込むことができるからです。捕らえられたネズミを目にするのも、処分するのも抵抗がある方は専門の業者にお願いするのが良いでしょう。

トラップで捕らえたネズミをそのままにしておくのも危険です。ネズミの身体にはダニやノミが無数に住み着いているので捕獲した際には速やかに処分しましょう。

忌避剤などで近寄らなくなっても、侵入口封鎖しないままで持続して効果を得るのは難しいかもしれません。

 

捕まえるにはコツがいる?

効果を持続させるためには、侵入される原因を突き止めて、棲み着かれない環境づくりを行い、根本から対処しなければネズミ発生を繰り返すことになります。

自分で駆除を行う際には、屋内のネズミを捕らえるだけでなく、再び発生しないための方法、侵入口を封鎖する必要があることをお忘れなく…!

そういったことからネズミの駆除には手間や時間が掛かり、市販グッズを試したけれど効果がいまいち…とお問合せを頂くケースも少なくはありません。

その効果は一度の効果で得られる場合と、建物の構造や被害の状況によって一度の仕掛けで効果を得られにくい場合とがあるので、逃げ道がある限り頭の良いネズミは、トラップには掛からないルートを見つけて警戒するネズミもいるため、経過観察や罠を変えてみることも大切です。

 

ネズミは殺して処分する?

ネズミの処分・駆除方法について、心が痛む駆除と感じる方も多いので独自での捕獲や殺処分に抵抗される方が多いのが実状です。しかしながらネズミは繫殖力が非常に高く、殺さずに逃がしてしまうと、再び帰ってきたり新たなネズミも増加して、気付くと倍以上のネズミがまた被害を及ぼし衛生管理法によって処分が認められています。

決して悪意あるイタズラなどではありません。被害を防止するための駆除として、被害の状況や、自分に合った駆除方法を選び正しく処分しましょう。

 

捕獲網で捕獲した場合

ネズミを餌でおびき寄せ、生け捕りする方法です。捕獲網(捕獲器)は繰り返し使えることで経済的です。紙でできた使い捨てのタイプもあれば、カゴ式の密閉型のタイプは、水の入ったバケツに入れて溺死させて処分する方法です。ネズミは衛生被害をもたらす害獣とされ、鳥獣保護法には該当されていませんので、殺処分を行う事は法に触れませんが、致し方ない方法でもあります。

 

粘着シートで捕獲した場合

ネズミ捕獲用の粘着シートによる捕獲は、駆除方法の中で捕獲効率が高く、ネズミ自体に触れることもないため衛生的な処理が行えます。ネズミ用となるため大きく二つ折りにできるため、息絶えたネズミをそのままたたむように処分することができます。

 

毒餌での処分

殺鼠剤を利用した毒餌を食べさせ弱らせ殺す方法です。毒餌の効果が低ければ移動しながら見えない場所に死骸となっている場合もあるため、使用方法には捕獲できる条件のある場所で使用します。この方法はネズミの確認、並びに死んだネズミを手袋などで掴んで捨てる方法になります。処分は新聞紙などに包み、生ゴミとして速やかに処分しましょう。

 

ネズミの身体には様々な病原菌が付いています。処分する際、素手でネズミに触れないようにしましょう。片付けや清掃を行う際にも、手袋やマスクを付けて作業しましょう。そんな作業が苦痛な方の場合には、プロの駆除業者に施工から駆除作業すべておまかせすると死骸処理も行ってくれます。

 

殺処分はイヤ…なら追い出す方法

殺処分に抵抗のある方は、忌避剤や超音波で追い出す方法があります。

 

忌避剤スプレー式

嫌がるニオイで追い出したり、住み着きにくい環境を与える効果のものです。忌避剤にはスプレー式の物もあり、ネズミが現れる箇所にスプレーしたり、ネズミ直接にスプレーして追い払ったりすることができますが、ネズミ直接にスプレーもゴキブリ退治のようにはいきません。驚いて来た道に逃げていくのか、パニックになって家中を走り回るのかは、ネズミ次第…。即効性はあるものの、使用する場所によって主に屋外やすぐに出て行ける場所での使用が良いでしょう。

 

蒸散(燻煙剤)

蒸気や煙で家の隙間や広範囲の隅々にまで効果を発揮させる燻煙剤。この煙で殺すのではなく嫌がるニオイを充満させてネズミを追い出す方法です。

お部屋の中や屋根裏での使用が一般的ですが一時的な効果となり一度は出て行っても「ニオイ」効果は時期に薄まってしまうため、侵入口を塞ぐ施工など行わない場合には、定期的に使用するようにしましょう。

 

超音波

超音波を利用してネズミが嫌がる音を出して追い出す方法です。コンセント式、電池式、ソーラータイプの超音波もあります。設置をしておくだけでいなくなる効果が期待されていますが、なかにはその超音波に慣れてしまうネズミもいるため使用効果は時期をみて判断されると良いでしょう。

 

 

 

イエネズミを飼う?!

ご自分で捕獲器などで捕らえたネズミを処分することに抵抗があり、可愛いからとペットのように飼育してしまう方もいますが、ペットショップなどで売られているネズミとは異なり、野生のネズミは多くの雑菌・病原菌を持っています。餌付けをして繁殖を増やすことも行うべきではないのは当然です。ダニやノミが繁殖してしまう原因にもなり、健康被害を及ぼす場合があるので、飼育はやめましょう。処分することにも抵抗があるという方は、ネズミ駆除のプロにお任せするのがおすすめです。

 

 

 

飲食店で発生するネズミ

一般家庭だけでなく、飲食店が立ち並ぶ繁華街、東京都心ではネズミによる被害対策を強化しているお店が多く存在しています。飲食店でのネズミやゴキブリなどの発生は風評被害を招き、経済的損失につながります。衛生状況によっては行政による営業停止処分となるリスクもあるので、衛生管理がとても重要になります。安心してご飲食を提供できるよう定期的な店内清掃や消毒を実施しているところも多く存在しています。害獣となるネズミ被害はとても厄介な問題です。大切な家屋を守るためにも、少しでも不審な気配を感じたらそのまま放置はせず一日も早く駆除対策を行いましょう!

「自分で捕まえるのには抵抗がある…」「どうしたらいいのかわかわない…」そんなお悩みの方は専門の業者に依頼するのが安心・安全です。

 

 

自社の捕獲方法とは

当社クジョリアでは、粘着シートや毒餌などのトラップを仕掛けるなどの施工方法を活かしながら捕獲駆除を行います。

侵入口封鎖では、「パンチングメタル」を使用するなど様々な状況に合わせた施工で駆除を行っています。

ペットや小さなお子様がいるご家庭には注意を払い、環境に合わせた施工方法をご提案しています。

 

捕らえたネズミの姿を見たり、自分で処分するのにも抵抗がある方、見るのも嫌という方のためにも、ご依頼頂いたお客様への回診はお電話ひとつで駆け付けます。その際の費用はご契約期間、保証サービス期間内では、お伺いする度に費用を払う必要はないので安心してお問い合わせください。

最初の調査と異なる状況で再診する場合、費用がかかることもありますが、その際には事前にお知らせしますのでご相談ください。

 

長年ネズミ駆除の現場に駆け付け、様々な状況でのネズミ被害に携わってきた経験を活かしてネズミの駆除には一度の作業で終わらせるのでなく、経過観察、又は状況に合った駆除方法、効果的な施工が必要であると考えております。

また、当社はネズミの捕獲器を使用せずに確実に捕まえる方法、逃さない侵入させない施工でトラップを仕掛けていきます。最初の駆除施工からすぐに数匹のネズミを捕まえることができたとしても、まだ潜んでいる可能性がある場合を想定した上で、更なる対策の有無の判断なども経過をみて考案させて頂きます。その後の経過観察でお客様とご相談の上、ネズミゼロを目指して駆除作業を行っております。

 

 

まとめ

家ネズミとなるクマネズミ/ハツカネズミ/ドブネズミは、冬眠せずに一年中活動しています。季節を問わず、餌を求め、寒さをしのいで建物の中に侵入します。家の中に「侵入させない」「寄せ付けない」そのためには、様々な対策が必要となり、食べ物の管理にも十分に注意しながら日頃からこまめなお部屋のお掃除も大切です。

建物の構造によって対策も異なりますが、エアコンの排水口、通気口、床下、水回り、天井裏、シャッター、外部からの侵入口は意外と多く存在しています。劣化してできてしまった割れ目や穴、小さな隙間を見逃さずに塞ぐこと!建物内に侵入されてしまった場合、早期に発見し被害を阻止させること!!ここが大きなポイントです。

ネズミ駆除にお困りの際は被害が大きくなってしまう前に、当社クジョリアまでお気軽にご相談ください

東京都/千葉県/茨城県内などのエリアで活動しているクジョリアは、一般家庭から飲食店/ビル/オフィスなど建物で発生した害獣駆除や害虫駆除を行っております。

無料調査・無料見積もりでご納得頂ける費用と、安心・安全な施工方針で皆様の暮らしをお助けするために迅速に対応致します!

お気軽にお問い合わせください。

ネズミの好物はチーズではない!?好きなエサで駆除する方法

このページのトップに戻る