お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

冬でもダニはいる?大量発生の原因は?どんな予防すればいなくなるのかCOLUMN

冬は虫たちも出て来ないと思っている方も油断禁物?冬でもダニに刺される?ダニは寒くても死なない?そんな疑問を解説します!

 

ダニの生命力

ダニは湿気の多い高温多湿の梅雨から夏場にかけて多く発生しますが、そのため梅雨の時期だけに繁殖する害虫と思っていませんか?

 

ダニは生命力が非常に強い害虫で、気温10度を下回る低温の時期でも生きることができます。

ある一定の条件さえあれば、たとえ冬の北海道でも繁殖することができてしまうんです。

何も対策をしないでいれば、一年中ダニに刺されてしまう危険があるということになります。

そんなダニが寒い冬でも繁殖できる「一定の条件」とは何でしょう。冬のダニが気になる方、ダニに刺されて困っている方などは、是非参考にしてみて下さいね。

 

冬にダニが繁殖する理由とは?

「梅雨や夏場に多いダニが、なぜ冬でも繁殖するの?どんな条件で繁殖する??」そんな疑問を解説します。

 

冬にもダニが繁殖する理由は、住宅が高気密高断熱に変わってきたことがひとつの要因でもあります。断熱されたお家が増えたことで、住みやすい暮らしを得た私たちですが、その一方で、床や壁、天井裏などに断熱材などが入ったことで気温や湿度が安定し、ダニなどの害虫たちにとっても過ごしやすく繁殖しやすい環境となっているのです。

 

   ダニが繁殖する条件
気温・室温 20℃以上
湿度 60%以上
エサ

ホコリ・カビ

人間のフケや垢・皮脂

 

 

ダニの繁殖条件は、私たちから出た皮脂も好むということ。そんな私たちの暮らしに潜むダニには多くの種類がいます。

そのなかでも人体に影響を及ぼす刺すダニ、咬むダニ刺したり咬んだりしなくても喘息やアレルギー症状を引き起こすダニなどがいます。

お家の中で発生しやすいダニの中で、人を刺す「ツメダニ」。喘息やアレルギー症状を引き起こす「チリダニ」

彼らのエサは、人やペットから出るフケ、アカ、髪の毛、食べかす、ホコリやカビなどです。

家の中にはそんな餌がいくらでもあるため、増殖は可能であり、完全にいなくなることは極めて難しいことが分かります。

衣類や荷物などから家の中に自然と持ち込んでしまうのです。

そのため日々のこまめなお掃除で増殖を抑えることが大切です。お掃除を怠っているとホコリや食べかすがダニの増殖に繋がってしまい、時には刺されてかゆいなど、くしゃみ鼻水などの症状が出たりします。

 

 

冬の時期も油断禁物

「乾燥しているから大丈夫」「こんな時期にダニが繁殖する訳ない」「寒さに弱いダニが出る?」そう油断している方も多いのでは?

確かに寒さには弱いダニですが、室内の暖かい空間が整う環境ではどうでしょう。寒くなると私たちも利用する暖房器具加湿器…ダニにとっては繁殖条件が整ってしまう恐れがあります!寒い時期だからこそ頼ってしまうエアコン、石油ストーブ、ファンヒーター、コタツ、電気カーペットや床暖房。更には加湿器がダニを繁殖させてしまうのです。

 

暖房や加湿器の使用でダニが繁殖

私たちの暮らす住宅の室内温度は、暖房器具を使用することで約20℃前後の温度が保たれています。近年では冬の乾燥防止として加湿器を使用する家庭も増えていますね。それは一定の温度に保たれた空間になります。加湿をしすぎるとカビなどの繁殖も増え使用方法には注意する必要がありますが、外の気温と乾燥を比べると、室内は暖かく適度な温度が保たれているため、ダニが過ごしやすい環境になるのです。カーペットや布団、ソファーやクローゼット、押し入れや棚など、ダニは繁殖しやすい場所がいくつもあります。

 

室内の加湿

湿度が乾燥するとお肌のトラブルや喉の乾燥防止、インフルエンザや新型コロナウイルスの予防として湿度の温度調整を意識されるご家庭が増えました。濡れたタオルなどを使って調整する人のいるかもしれませんが、今は便利な「加湿器」が種類豊富に販売されています。湿度を上げることは、そのようなウイルス対策では予防として画期的な商品ですが、ダニの増殖になってしまうリスクもあるのです。どちらにせよ、こまめな換気を忘れてはいけません。

 

エサが豊富にある場所

ダニのエサとなるのは、人のフケやアカ、ホコリやカビ、食べかすなど、非常に幅広い食性を持っています。家の中にホコリひとつない家はありますか?室内をどんなに日頃からこまめにお掃除をされていても、必ずと言えるほどダニはどこかに潜んでいると考えられます。冬でもダニはエサに困ることがないため、冬にも繁殖する条件が満たしてしまうのは簡単なのです。そのため、ダニの繁殖を最小限に抑えるべく、こまめなお掃除が重要なのです。

 

恐るべしダニの卵

昔は乾燥する冬にダニはあまり棲息していなかったけれど、部屋の中が暖かい空間であることから一年中棲息することができるようになったダニの寿命は約3カ月ほどとされていますが、梅雨や夏場に大繁殖したダニの卵は、寒さや乾燥には死なずに、卵のまま冬を越して春から夏にかけて次々と孵化するのです。春がくる前に卵を駆除、繁殖させないための冬対策が翌春の繁殖軽減させることができるのです。

 

ダニ退治

約1gのホコリに棲息するダニの数は、約1000匹を超えると言われています。ダニを退治させるには、換気しながらお掃除をしてダニの棲息場所や栄養源となるホコリや食べかすなど入念にお掃除しましょう。リビングや子ども部屋、脱衣所なども隅々までお掃除することも大切です。ダニ殺虫スプレーや燻煙剤を使用してみるのも良いでしょう。

★ダニのなかでも吸血する危険な種類のダニが侵入する場合もあります。噛まれるダニの出現でお困りの際、ダニの種類の判断が難しい時には、噛まれたり、刺された箇所を皮膚科などで受診し、お部屋のお掃除を兼ねたハウスクリーニングや、害虫駆除業者ダニ駆除の依頼をしてみると良いでしょう。

 

寒い冬でもこまめな換気をしよう

せっかく暖まった室内の温度を奪われてしまう換気ですが、この時期、ウイルス対策として特に大切ですね。それだけでなく、冬に使う石油ストーブやガスストーブは、室内の空気(酸素)を使って燃焼させ、排気ガスを室内に出します。長時間使用すれば空気が汚染され、換気しなければ室内の酸素濃度が低下して不完全燃焼が進み、一酸化酸素が急激に増加し、一酸化炭素中毒を引き起こす危険があります。寒い冬に窓を開けた換気をすることで、室内の温度を下げることができるのは冬のダニ退治効果に適しています。こまめに換気を行い、空気中に浮遊するダニの死骸や老廃物を排出させましょう。

 

室内環境を整えてダニ予防

ダニの繁殖予防は、こまめなお掃除ですが、室内の温度や湿度の調整を行うこともダニを繁殖しにくい環境づくりとしてとても大切です。外は寒くで室内はずっと暖かいお部屋、お掃除にも手を抜いてしまい、ホコリの多いお部屋、食べかすやカビなどが多いじゅうたんやカーペット、お家時間が増えている今だからこそ、こまめなお掃除で室内を清潔に保ちましょう。ぬいぐるみや布団は人の肌に触れやすいものはこまめに洗濯しましょう。

 

冬にダニが多くなる家の特徴

ひとつでも当てはまるなら要注意です!

●暖房器具の使用
●洗濯物を部屋干し
●あまり掃除機を掛けない
●常に加湿器の使用
●断熱された建物

いかがでしたか?正直、ひとつでも当てはまってしまう方が多いのではないでしょうか。寒い時期は、なるべく暖かい空間でのんびり過ごしたいものですが、換気扇を回したり、時折空気を入れ換えたりしながらも、通気口や隙間風を少しでも避けてしまいますね。暖かい器具を使用するご家庭が大半であるように感じます。結果、どのようなお宅においても、ダニの繁殖は各家庭でも起こり得るということでしょう。

 

冬だからこそ繁殖予防

基本的に乾燥に弱いダニですが、寒い冬でも室内では棲息できてしまう訳を知った上でできる対策で繁殖予防しましょう!

 

なかなか乾かない洗濯物も熱乾燥が死滅させてくれるため、洗えるものは乾燥機を使うと良いでしょう。

暖房器具や加湿器を使用してもこまめな換気をしよう!

空気を入れ換えて、気持ちも切り換えてお掃除しよう!

死骸やフンがアレルギーの元にもなるので掃除機・布団用掃除機や乾燥機もダニ効果あり!

熱処理(50~60℃)の熱でないと死なないダニ!コインランドリーを使ったり、スチームアイロンで死滅させよう!

加熱は3カ月に一度、掃除機掛けは週に2~3度以上!できれば毎日。

 

ダニアレルギー

ダニ対策で重要なのは、ダニの数を増やさないこと、アレルギーの元となるダニとその糞(ふん)を減らすということです。

家の中の大部分にいるチリダニ(コナダニ・ヒョウダニ)は、アレルギーを引き起こすホコリなどに紛れています。そのアレルギー反応でくしゃみ、鼻水、気管支ぜんそく、などを引き起こします。そんなチリダニやコナダニを刺して体液を吸うツメダニは、人間を刺すこともあり、そのアレルギー反応によって刺された部分が赤く腫れあがり、かゆみなどを引き起こします。

 

ダニは湿度が低いと繁殖しない?

ダニが繁殖するには湿度65%以上湿気が必要となります。ダニが夏場などに繁殖して活発になるのは湿度が高い時期になるからです。

ダニは湿度が低いと繁殖することができず、湿度が低いというのはダニにとって致命的なのです。ダニはかなり低い温度でも生きられますが、湿度が低すぎると死んでしまうのです。しかし寒い冬場に室内が乾燥しているからといっても死滅するとは限らず、高温で高湿の場所があれば冬を越すのです。

 

まとめ

梅雨の時期が長かった2020年。ダニ対策などせずに過ごしてきた場合には、既にダニが繁殖しているかもしれません。一年を通して活動するダニですが、冬場の繁殖は夏場よりも活発ではないものの、条件が整ってしまうと繁殖してしまいます。日常生活の中には「常に」と言えるほどダニは家の中に存在していますが、大繁殖させないための対策が大切ですね。体調の変化などで健康面への影響が出てしまう場合もあるため、日々のこまめなお掃除対策で予防しましょう。

乾燥緩和させた暖かな空間が保つ室内では、冬の時期も油断は禁物!定期的な掃除では、室内のホコリやカビ、お布団や衣類の洗濯をして気分もスッキリ!お家時間を利用して、綺麗で安心できる空間づくりをしましょう。

 

ダニアレルギーとの闘い!家族みんなでダニ退治! (qujolia.jp)

 

ノミ・ダニ駆除|千葉・東京・茨城の害虫駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

 

このページのトップに戻る