お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

ハトはどのくらい頭が良い?鳩が持つすごい能力と習性とは?COLUMN

街中で見かけるハトは、馴染みのある身近な鳥ですが、マンションやビルなどのベランダなどに巣を作る被害が発生しています。ハトはどのくらい頭がいいの?特徴的な習性、すごい能力を持っている!?街や郊外で見かける鳩の特徴についてご紹介!

 

 

日本の鳩の種類

世界には約300種類近くのハトが生息していると言われています。日本では、亜種を含め、13種の在来種が生息。そのうちのほとんどが個体数の少ない稀少なハト。なかには天然記念物に指定される鳩もいます。日本でも個体数が最も多く、街中でよく目にするハトのほとんどが「ドバトとキジバト」です。

馴染みのあるドバトですが、元々は海外から持ち込まれた外来種であると言われています。一般的にドバト(カワラバト)は都市部、キジバトは郊外でよく見られます。ハトの寿命約10~20年と言われていましたが、生息地や環境の変化によって、事故やケガ、病気で死することが多く、寿命の実質は10年前後とも言われています。元々繫殖力が旺盛で、一年を通して活動する鳩の成長していくスピードも速く、人間社会にとけ込むように生息しています。餌には困らない環境ですが、食性も変わりつつあることや、環境が影響して寿命にも変化があるようです。

 

ハトの持つ能力とは?

ハトには優れた能力があり、その中でも「帰巣本能」が非常に高く、通常の行動範囲は20㎞ほどですが、カワラバト(ドバト)「伝書鳩」として飼育され、500~1000㎞の距離でも元居た場所に戻る能力、「高い記憶力視覚処理能力」を持ち一度通った場所の山や建物などを目印として記憶することができます。長距離を帰巣する能力は、太陽コンパス説、視力説、磁力説など、多くの説がありますが、十分に分かっていないと言います。方向測定能力や位置測定能力、身体能力、飛翔能力、栄養生成となる「ピジョンミルク」を体内で作り出す能力があります。学習能力が優れた頭の良いカラスとは違う賢さを持ち、ハトも春夏秋冬、一年を通して活動しています。寒く餌のない時期でも首や体を膨らませ、まるで太ったようにも見えますが寒さをしのいで活動しているのです。

 

鳩の食性の変化

ハトは本来、植物の種子、殻類、米や大豆類などの植物質を好む草食性ですが、ミミズやバッタなどの昆虫も食べます。今では、人間が食べ残した菓子やパンなどを求めて公園や神社、公共施設などの人の多い場所に生息しています。都会育ちのハトが増えたとも言えますね。人間のいる場所はハトたちにとって「餌場」として認識している群れが多いように感じますね。テーマパークや神社などでポップコーンなどのスナック菓子をハトにやる光景は当たり前のようになっていたことも、慣れを与え、今なお続くハトの繁殖原因でもあるように感じます。ハトはカラスほど生ゴミを荒らすことはしませんが、このような習慣が鳩本来の生態系に大きな影響を与え、食性の変化が起きている可能性が考えられます。

 

 

カワラバト(ドバト)

カワラバトは、全長約30~35㎝

鳴き声は「クルックルー」「クックルー」など喉の奥から巻いたような声を鳴らすのが特徴で、聞き覚えのある方も多いのでは?

元々は日本の在来種ではなく、本来ヨーロッパや中央アジア、北アフリカなどが原産でした。人に懐きやすいため、家畜化され、食用、伝令用、愛玩用の品種改良も行われました。日本にはいつの時代に持ち込まれたかは、定かではありませんが、日本でも古くからカワラバトは家畜の鳩、伝書鳩、レース用の鳩として飼育されていきました

優秀な帰巣本能があり、方向判定能力、位置測定能力が優れており、1000㎞も離れた場所からでも、元居た場所に戻ってくることができるとされています。

 

カワラバトは、人に懐きやすいだけでなく、帰巣本能が強く、身体能力にも優れているため、人間の暮らし溶け込むなかで、その能力が災いしていくように人間の傍にいたカワラバトが逃げ出すなどの理由によって野生化していき、街中でも生息していくようになりました。今では、カワラバトをドバト(土鳩・堂鳩)と呼び、その名を知られるようになりました。日本では誰もが知っている代表的なハトですね。

ドバトの見分け方

ドバトの原種であるカワラバトに近いものは灰色の毛並みに翼には2本の黒帯で、胸は緑や赤紫に光る姿が特徴的です。くちばしは太く、頭部が逆毛であったり、赤色系の脚も特徴。個体によって様々な模様のドバトもいます。かつては、イエバトとも呼ばれるほど人家や田畑など、人間のそばで生息していました。縄張り意識が強いものの、人懐っこい性格です。生息する環境によって、森林や農耕地で人間を避けて生活する個体もいれば、市街地などで人間に慣れたハトたちは、近づいても逃げずに餌を食べ、人間を恐れない習慣を持つ鳩が増加。そのため人の生活する建物、ベランダや非常階段、屋根などにも餌やねぐらを探し求めてくるようになったと考えられます。

 

 

 

キジバト

ヤマバト(山鳩)とも呼ばれていたキジバトは、山岳地帯に生息し、人との接触は少ない鳩でした。しかし森林伐採、森林開発などが進み環境の変化によって里山や農林などに住み着くようになっていきました。最近では市街地などでも見られるようになり、繁殖していくようになりました。全長33㎝程度。全国で繁殖している留鳥。北海道では夏鳥とされる。ほぼ一年中繁殖しており、一夫多妻でつがいで行動する。オス・メス2羽で見かけることが多く、3羽でいる光景は親子の可能性があります。群れでの行動はせず単独行動が多いようです。平地から山地の森林に生息するキジバトは、都市部でも普通に見られるようになりました。食性は雑食性で、主に種子や果実を好むが、昆虫類、貝類、ミミズなども食します。カワラバトと比べ警戒心は遥かに強く、人間が近づこうとすれば警戒し素早く飛び立つキジバト。人間の傍には寄り付かなかった鳩でしたが、今では人間を恐れなくなり、市街地の街路樹や建造物でも営巣するようになりました。公園などで見られる姿はのんびりとしたイメージですが、山林など人のいない場所では一気に力強く飛び立つ迫力があり、飛翔能力が高く飛翔速度も速い鳩です。

 

キジバトの見分け方

キジバトは「ホーホーホッホー」「ポッポー」「デデッポッポー」などと繰り返しさえずり鳴きます。鳴き声は低音です。この鳴き声は、求愛行動や縄張りの主張と言われています。個体によって音程にも違いがありますが、カワラバトとの違いはこの鳴き方が大きな特徴でもあります。

形態は、体色は雄雌同色で茶褐色、紫灰色。雉(キジ)に似た鱗(ウロコ)模様の背中に首には青白黒の縞模様があります。

 

 

 

ドバトとキジバトが繁栄する理由

ハトは街中でもたくさん見かけるほど繁栄していますが、その理由はハトのすごい能力が関係しています。それは上記でも述べた「ピジョンミルク」と言われるタンパク質や脂肪が多く含まれた餌を作り出すことができるのです。ピジョンミルクは、ハトの素嚢(そのう)という体内で作ります。基本的に他の野鳥たちが子育てを行う時には、親バトが虫などの餌を調達してヒナに与えますが、餌が一年中ある訳ではないため、餌の多い夏頃が繁殖期となります。そのため野鳥のほとんどが子どもを産む時期は一年のうちの一時期だけとなります。しかしハトには「ピジョンミルク」を作り出す能力を持っているため、一年中繁殖が可能となるのです。この「ピジョンミルク」のおかげでハトは一年中子育てができるため、餌の少ない時期となる冬なども繁殖することができ、多いと年に5~6回ほど産卵することができるのです。ドバトもキジバトも子育ては交替して抱卵し、孵化したあとの雛(ヒナ)への餌やりもオス・メス交替してピジョンミルクを与えます。このピジョンミルクはオス・メスどちらも生成することができます。

 

ドバトとキジバトは交雑するのか

ドバトとキジバトが同じ群れに紛れていることがあるようですが、ドバトはカワラバト属、キジバトはキジバト属として異属間での交雑はありません。

個体によって模様の違いで、勘違いをすることもありますが、基本的に群れでいるのはドバトです。ドバトとキジバトは同じハトでも絶対的に違う要素があります。ドバトは家畜だったこともあり、いつも群れでいないと採餌や生活が困難になるようですが、キジバトは、元々山林に住み、環境の変化によって街中にも現れるようになりましたが、群れで行動はしません。キジバトは単独行動、もしくは2羽で行動している時はつがいであると考えられます。ドバトとキジバトの違いは見た目や鳴き声、生息していた環境などそれぞれの特徴にも違いがあり異属の種類になるのです。

 

 

まとめ

全国各地の様々な場所で多く目にするハトのほとんどが、ドバトですが、地域によってキジバトの繁殖数も増え見かけるようにもなりました。

ハトの繁殖の増加で、様々な場所に影響を及ぼす「ハト被害」が問題となっています。各地の駅や建物に飛来して「フン尿被害」「巣作り」などの被害も多く発生しています。マンションやビルの外階段や室外機の隙間、屋根に集まりフンで汚染されたり、そのフンから様々な感染症で健康被害を引き起こす危険があるため、清掃時にも注意しなければなりません。様々な能力を活かして活動するハトですが、帰巣本能の高いハトの被害を抑え込むには侵入させない防鳥ネットを設置や忌避剤を使用するなど様々な対策が必要となります。春夏秋冬、一年を通して活動する「ハト被害」「フン害」には十分に注意すると共に、被害を避けるための対策や、追い出し駆除に困ったら、経験や知識のある専門の害鳥駆除業者におまかせしましょう。

 

当社クジョリアでは…

当社クジョリアでは、ハト被害でお困りの住宅やオフィス、建物外部の非常階段やベランダが「ハトのフンだらけで困った…」とのご相談が多く寄せられています。

関東近辺、東京都/千葉県/茨城県内のエリアで活動させて頂いております。

一年を通して繁殖するハトが建物に住み着かれてしまうと、鳴き声や大量のフン害だけでなく、機械の故障や、感染症やアレルギーなどの健康被害を与える可能性があるため、放置は危険です。一度住み着いてしまうとなかなかその場から離れることはせず、追い出しても戻ってくる習性によって被害が後を絶ちません。

当社クジョリアでは、経験や知識を活かし、ハト対策として、侵入させない施工、飛来防止対策に力を入れて活動させて頂いております。お客様の様々なお悩みやご要望にお答えできるよう安心・安全・効果的な施工をご提案させて頂きます。

お問い合わせ後、ご希望日程を調整させていただき、無料調査・無料見積もりで一日でも早く解決できるよう迅速に対応させて頂きます!

「ハト被害に困った」「こんな場所でも駆除できる?」「追い出すための方法を知りたい」「自分でできるレベルか知りたい」「すぐに来てほしい」など、様々なお悩みにもお応えします!お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

対象エリア

東京都/江戸川区/葛飾区/足立区/荒川区/墨田区/台東区/江東区/中央区/千代田区/文京区/豊島区/北区/板橋区/港区/渋谷区/新宿区/中野区/練馬区/杉並区/世田谷区/目黒区/大田区

千葉県内/船橋市/白井市/鎌ケ谷市/八千代市/松戸市/柏市/我孫子市/野田市/流山市/市川市/習志野市/浦安市/印西市/栄町/成田市/酒々井町/佐倉市/四街道市/千葉市/市原市/八街市/富里市/神崎町/香取市/多古町/東庄町/匝瑳市/芝山町/横芝光町/山武市/東金市/九十九里町/大網白里市/茂原市/名柄町/白子町/長生村/長南町/一宮町/睦沢町/

茨城県内/取手市/守谷市/利根町/竜ヶ崎市/河内町/稲敷市/神栖市/他

このページのトップに戻る