お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

秋でも害虫退治!秋にも活動している不快で危険な虫とは?COLUMN

春から夏にかけては多くの虫たちが活発に活動する季節ですが、暑い猛暑が過ぎ夏の終わり頃から秋口になると越冬のために準備をはじめます。

秋にも様々な害虫が屋内に侵入したり、屋外のお庭で発生しお悩みになる方も多いのではないでしょうか。

寒さに弱い虫たちも暖房設備の整った環境の室内で生息し卵を産み付けることができるため油断は禁物です!

 

夏が終わっても発生する虫

室内などでは暖房設備が整い、涼しげで温かな場所に潜む代表的な虫ではゴキブリダニなどが一年中生息しています。

卵を産み付けられている場合には「こんな時期に?」とビックリする季節にもチャタテムシなどの小さな虫も環境が整ったお部屋の中で発生します。

多くは湿気を好んで発生しますが、ダニやゴキブリチャタテムシなどは人間の髪の毛やアカ、ホコリなどを食べて生き伸びています。

虫の種類やその環境によって異なりますが、梅雨の時期や夏と比べて秋頃になると動きは鈍く繁殖ピークが過ぎた頃でもあります。

環境下によって秋以降も活動することができるこの時期に駆除をしておくと良いかもしれませんね。

 

秋もこんな虫にご注意!

ゴキブリ

ゴキブリは秋ごろにも繁殖します。

寒さを凌げる場所で卵を産み付け幼虫の時期を過ごしているのです。

冬眠はせずに暖かい時期になると再び活動的になるので、排水溝換気扇だけでなく窓や玄関から侵入することも…。

他には段ボールや新聞紙の隙間暗く狭い場所を住処にしている可能性があるのでなるべく紙類を溜め込まないようにしましょう。

クロゴキブリは屋外からの侵入で卵を産み付けます。環境の整った空間では繁殖していくこともあるので注意が必要です。チャバネゴキブリは主に飲食店での発生が多く、24時間体制で器械の電気の熱がある温かい場所に潜んでいます。基本的に寒さに弱いゴキブリは暖かい場所を求めて侵入します。夏ほど活発的ではないものの室内の温かな居心地の良い環境によって冬場も生息できてしまいます。

 

自身で行える範囲であれば換気を行い、カビや汚れの清掃、食材の食べかすや排水溝のお掃除など、こまめに行うようにしましょう。

寒い冬はあまり見かけなくなりますが乾燥した空間でも虫たちが喜ぶ環境を作らないようにこまめなお掃除、窓や壁の結露からのカビ防止を心掛け、暖房器具を使用することでも住み心地の良い環境となるため注意しましょう。暑い季節が過ぎ比較的過ごしやすい季節に屋外ではお庭のお手入れをしやすくなりますが、庭木に卵を産み付ける昆虫も発生します。

 

カメムシ

カメムシには多くの種類がいます。

好む植物が違ったり肉食なカメムシもいます。

基本的にそれらのカメムシは春と秋ごろの季節、年に二回、発生する前に繁殖や産卵を行い一度の産卵で100個ほどの卵を産み付けます。

その秋口の9月頃も油断できない虫の発生で多いのはカメムシが代表的かもしれません。

カメムシは独特の嫌な臭いを出すことで有名な昆虫ですが、夏が過ぎた秋ごろにも発生することが多いようです。

 

多くの種類のなかでも多いのが「クサギカメムシ」という緑のカメムシが代表的です。このカメムシは屋外で生息するにも関わらずわずか5mmほどの体長ですが網戸や換気扇などの2mmほどの隙間、玄関からも侵入してきます。普段は森林などで生息していますが、飛来してきては産卵し大発生することもあるのです。

産卵の季節や冬の季節にも発生します。良く家の中に侵入されて捕まえたり、叩いたり刺激すると強烈な臭いを放ちます。掃除機で吸引しても掃除機内で充満してしまいます。そんな臭いの強烈なカメムシが洗濯物に付いたり、大量発生してしまうととても不快で厄介となる害虫です。

カメムシは寒さを凌ぐために暖かい建物に飛来してきます。マメ科の植物がある場所を好み、冬場を越すための餌が豊富な場所に生息します。産卵時期は春から夏にかけて1週間から10日ほどの間に孵化して増殖していきます。暖かい日の当たった洗濯物に産卵することもあるので、お庭やベランダで発生した際には注意しましょう。

スズメバチ

スズメバチが一番気性が荒く人への危害を加える時期で最も多い季節は秋口の9月中旬から10月の下旬ごろ

夏が終わり秋は涼しくキャンプやハイキング、屋外で過ごす時間が多い中、特にスズメバチによる被害が多くなる時期でもあります。

巣を見つけたら近づかないのはもちろんですが、登山や森林付近などへ行かれる際には、頭を守るために帽子をかぶったり、衣服も黒や紺など濃い色の服を避けたり、露出を控えた服装で香水など香りの強いものも避けるようにしましょう。

 

虫よけスプレーなどはスズメバチにはあまり効果的ではないようなので、万が一ハチの巣に近づきハチを見かけた際には大声を出さずに腰を低くしてゆっくりその場から離れるようにしましょう。走ったり大声を出してしまうとハチを刺激してしまい追いかけてくることもあるので、冷静な判断のひとつとして覚えておくと良いですね。お住まいの付近でもスズメバチが頻繁に飛んでいたり活動している様子を秋口以降に見かけたら、既に巣が完成されている危険があります。

ただ近くを通っただけでも攻撃してくる凶暴なスズメバチですので、確認を行う際にも十分に気を付けなければなりません。

 

巣は必ずしも大きいとは限らないものの巣の中には思った以上、数100匹以上もの蜂がいる可能性が高く、一匹の蜂を殺虫スプレーで退治すれば近くにいる仲間が襲い掛かってくる場合があるので、大変危険です。ご自身での駆除は避けるようにしましょう。お近くの信頼できる駆除業者やすぐに駆け付けてくれる業者に依頼することをおすすめします。

 

毛虫 チャドクガ

春になると毛虫が大量発生しますが、この秋口にもチャドクガなどの毛虫がサクラの木やツバキ、サザンカなど、街路樹などあらゆる場所に潜んでいます。

チャドクガは毒針毛を持つ危険な毒毛虫として代表的です。

チャドクガそのものに触れていなくても毒針毛が洗濯物や衣類に付いて肌に触れると痛みや痒み、発疹などの症状が出たり、体質などによってアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあるので、その場合には速やかに病院へ行くことをおすすめします。

 

刺された直後は痛みなどはなく数時間後に皮膚が赤く腫れたり発疹などが出てくるので、何らかの症状が出た際にはかきむしったりせず、抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)ステロイド剤を塗って症状によって皮膚科に受診されるのが安全です。

また、毒針毛が皮膚に刺さった場合はガムテープなどで抜き取り、衣服に付いたまま洗濯機で洗ったりせず、熱湯処理50℃以上、乾燥機やスチームアイロンで無毒化にし他の衣類とは別に分けて洗濯しましょう。

チャドクガなどの毛虫は見た目も不快になるほど大量に発生します。

ご自身での駆除を行う際にはたかが毛虫…と侮ってはいけません。攻撃してくることはなくても薬剤を撒いた後、死骸にも危険な毒針毛が残っていますので処分を行う際にも十分に注意しましょう。背丈よりも高い樹木や毛虫が苦手な方のために安心・安全な駆除業者に依頼して見ると良いでしょう。

 

ムカデ

秋にもお庭や草むらでムカデを見かけることがあります。

夏に育った子どもが親元を離れて活動し出すのが9月~10月頃でもあります。

その子どものムカデは小さくてもムカデであることに変わりなく咬まれると大変危険です。

窓の冊子やドアのパッキンなど幅5㎜ほどの隙間さえあれば家屋の中にまで侵入できてしまうので、普段から大きなムカデが発生していた場合にはこの子ムカデにも注意しなければなりません。ムカデは水分がないと生きれないため、暗く湿気のあるジメジメした場所を好んで潜伏しています。

日中は床下やプランター、鉢の底などに潜んで夜になると活動します。

 

就寝中に噛まれる被害も多く、噛まれると激しい痛みや腫れが起こる場合もあるので、服装や履物などに注意して対策を心掛けましょう。

11月以降は気温が下がり15℃以下になるとムカデは活動しなくなります。涼しい9月頃に網戸にしていることが増えるので就寝される際にも窓周りや勝手口などに忌避剤を設置するなどの対策で被害を予防しておきましょう。

まとめ

虫による被害は春から夏にかけてが最も多いイメージですが、秋にも活動を続け活発になる昆虫もいることを知った上で、キャンプやレジャーなどへのお出かけやお家の中、お家の周辺でも被害に合ってしまうこともあるのでそれぞれの環境において十分に注意しながら秋シーズンを楽しみましょう。

10月以降は昆虫たちの活動は少なくなりつつありますが、屋内で生息する昆虫類や、その獲物を狙った害獣の侵入にも注意が必要です。

あらゆる季節や環境に応じて発生する害虫シロアリや害獣ネズミやハクビシン、害鳥ハトなどによる被害は一年を通して活動しています。

秋から冬にかけて発生する害獣たちの侵入防止対策も今から備えておくと良いですね。

シロアリ駆除

 

このページのトップに戻る