お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

カラス被害の対策!カラスについての豆知識COLUMN

カラスと言ったらゴミを荒らし、時には人を攻撃してくる危険な害鳥!そんなカラスについての豆知識をご紹介!

 

カラスの特徴と種類

日本にはカラス科の鳥は10種類ほどで、一般的に「カラス」と呼ばれる黒を基調とした「カラス属」の鳥は5種類ほどいます。人が生活している都会やその周辺の森林など多くの場所で棲息し、被害が問題視されているカラスは「ハシブトガラス」「ハシボソガラス」の2種類。この二つの種類のカラスはあまり見分け方が付かない同じ黒いカラスですが、鳴き方や棲息する環境などの習性が異なりますが雑食であることに変わりはありません。都会でよく見かけるカラスのほとんどがハシブトガラスと言われていますが、近年、環境変化により森林などでの棲息が難しくなったことや餌を求め、本来の棲息場所から行動範囲も広がり餌の豊富な街中にまで出てくるようになっているのが現状です。そのなかでもカラスはカラスの縄張りがあるようです。

ゴミ捨て場にカラス!

お住まいの近くのゴミを器用に、時には乱暴にゴミ袋の中を荒らすカラスの姿を目にした事はありますか?最近ではゴミ捨て場にはネットを設置して害鳥による予防対策を行う自治体や今ではステーションを設置しているマンションなどが多いことで害鳥被害は緩和されている地域もあります。そうではない場所ではカラスはここぞとばかりに人が捨てた中身を散乱させてしまいます。ゴミ収集される曜日に合わせ決められた時間帯に出しても、頭の良いカラスは、収集される前にゴミを荒らす知識を身に着けられているのかもしれません。とても賢いカラスは人の行動をよく観察しているように思います。

害鳥カラスの悪いイメージ

カラスはゴミを荒らしたり悪さばかりする鳥のイメージが強く、見た目も黒く逞しく鋭い観察力で獰猛なイメージです。しかし悪いイメージを持たせてしまっているのは私たち人間の仕業でもあるのです。それはやはり森林伐採、自然環境破壊がまねいたことによってカラス以外の鳥類も人間社会に溶け込むように棲息し食する好みや知恵も付き、このような環境下で新たに繁殖、増殖していっているのです。カラスは昔から縁起の悪いイメージで「カラスが鳴くと不幸の前触れ」などと言われていますが、あくまでもそれは迷信です。しかし昔から農作物や小動物、人間の捨てたゴミをターゲットにして多くの場所で被害を与えてしまうカラスにどう対処していくのかが重要です。

 

 

カラスの賢さは昔からすごい

賢いカラスとして昔の日本神話では天皇の道案内をした八咫烏(ヤタガラス)として信仰の対象にもなっていました。三本の足の姿で知られ奈良の八咫烏神社にまつられています。それほど古くからカラスの賢さは他の鳥類と比べとても優秀な能力を兼ね揃えているのかもしれません。そんなカラスであるからこそ、本来棲息する森林などの減少が都会や人の住む街にまで行動範囲を広げ、狙うものが私たちの捨てるゴミへと変わっていってしまっているのが現状です。カラスも生き抜くために鋭い判断力を活かして活動しているのです。

雑食カラスの繁殖期は注意!

今私たちの暮らしに当たり前のように姿を見せるカラス。そんなカラスの賢い行動をネット動画などでも投稿されていますが、実際に道路で、目をそむけたくなってしまうような光景を目にしたり、器用な口ばしでゴミを荒らす姿、周囲を観察する姿は、とても近づきにくいものです。3~7月頃はカラスの繁殖期でもあり、仲間を呼び集めるように良く鳴き、多く活動しています。特に4~6月は巣にいるヒナや卵を守るために過敏になっているため、縄張りも強まり、敵への攻撃、人間にも巣の近くを通ったり、警戒しているカラスと目を合わせると敵と判断し頭の上に飛来して威嚇してきたり攻撃してくるものもいます。むやみに近付き、カラスを追い払う行動は気を付けましょう。一度その場から離れてもカラスはよく観察しています。繁殖期は特に十分に注意しましょう

 

カラスよけグッズ対策

カラスによる被害は農家だけに留まらず、住宅やビル、倉庫などにも侵入し、巣を作り、食材となるものを食い荒らします。市販では多くのカラスよけグッズが販売され、至る所で活用されていますが、効果のあるものとないものとの違いは、そのカラスのタイプにもよるのかもしれません。グッズを活用し、寄って来なくなっても一時的なものに過ぎず、慣れてしまうと再び被害を与えることもあるので、諦めずに定期的に対策を変えてみるのも良いかもしれませんね。

まとめ カラス駆除

様々な場所で被害を与えるカラスですが、私たちのゴミの捨て方など工夫していく必要がありますね。自然環境に戻すにはとても困難な状況ではありますが、カラスを捕らえ、傷つけることなく対処していくことが大切です。そのために我々ができることとして、安心、安全して生活が送れるよう、人間にとっても、カラスにとってもより良い環境づくりが大切と言えます。弊社クジョリアでは、家屋・倉庫への侵入防止、ベランダやゴミ捨て場への飛来防止ネット対策、環境に合わせた施工をご提案しています。カラスの特徴を学んだプロによる施工で賢いカラスを寄せ付けることができない対策を行います。自身での対策が困難な場合、是非ご相談ください。

 

このページのトップに戻る