スズメバチが飛んでいる!凶暴で攻撃的なハチはいつ頃まで活動する?|千葉・東京・茨城で害虫や害獣、害鳥の駆除や防除、対策のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

スズメバチが飛んでいる!凶暴で攻撃的なハチはいつ頃まで活動する?COLUMN

凶暴なスズメバチ発生の季節!!

 

家屋に巣を作る!攻撃性が高い!

 

最も危険な生物【スズメバチ】

 

巣に近づくだけでも危険!

 

巣の特徴とハチの駆除についてご紹介!

 

スズメバチの巣の模様

スズメバチの巣は

ボール状で球体の巣が大きく

縦模様や縞模様・マーブル模様などといった

貝殻を付けたような模様の巣が特徴的です。

 

「なぜ?どうやって?」と

不思議な形の巣…。

 

スズメバチはどんな風に

このような模様の巣を作るのでしょう。

 

スズメバチ種類には

オオスズメバチ・キイロスズメバチ・コガタスズメバチなどがいます。

 

巣には樹皮によって多少の違いはありますが

ほぼ同様の貝殻が何層にも重なったようなマーブル模様

スズメバチの巣

 

スズメバチの巣の作られ方とは?

「いつの間にか巣をつくられビックリ!」なんて驚くのも無理のない場所につくるハチの巣。

 

目のつきにくい屋根裏・床下、屋根の隙間

雨の当たらない場所などに作り始めます。

 

スズメバチが巣を作り始めるのは4~6月上旬。

最初は冬眠から目覚めた

女王バチ一匹だけで作り始めます。

 

ある程度巣穴ができると卵を産み

日々働きバチを増やし

2~3カ月ほどかけ大きくしていきます。

 

目立たない場所に作り出した巣を

初期の段階で巣に気付くのは難しく

ある程度の数の働きバチが飛んでいることで

発見に繋がるケースがほとんど…。

 

5月頃から作り出した巣は

8~9月頃には完成!

 

ハチの数も増え、巣の外でも多く見かけるようになります。

 

9~10月頃の秋口が個体数のピークを迎え

刺される被害もこの頃に増加します。

 

巣は自宅以外では

付近の樹木や土の中でもつくります。

 

スズメバチの巣は

何層にも重ねられた巣盤とボール状の外皮で作られています。

 

働きバチが樹皮をかじり取り、タンパク質などを含んだ唾液で混ぜて固めた物を重ね合わせたり、かみ砕いた外皮を伸ばすように盛り付けていきます。

 

とても地道な作業ですが働きバチが増えれば効率よくその作業を繰り返し作られるのです。

ハチの巣を見つけたら近づかないで

スズメバチの巣に

大量のハチが出入りしている光景を見たことはあっても

巣の中の様子まで見ることは出来ません。

 

無理に近付いて覗き込むのは

刺されるだけに留まらず何匹も襲い掛かってくるので絶対にやってはいけません。

 

巣の中は通気性と気密性も悪くなく

ハチは快適に過ごせるように作られています。

 

雨が降っても多少の風が吹いても簡単には壊れにくく、内部に大きな影響が起こることはなく巣を守ることができます。

 

蜂の出入口となる巣穴はひとつしかありません。

その日によって出入口の巣穴を変えることができます。

 

活動が活発な時は大きめな穴を、敵からの侵入を防ぐために夜は小さくすることができます。

 

その巣穴からは常に見張り役のハチが外の様子を監視しているため、敵が近づいてきても瞬時に対応することができるのです。

 

夜には大人しくなるスズメバチ。

 

夜は巣に戻ってきた働き蜂・女王蜂の駆除は

瞬時に薬剤を散布する作業には適していますが

様子を窺がおうとむやみに近づくのは大変危険です。

 

駆除を行う際には

刺されないための防護服などを揃え

攻撃性の高いスズメバチに対して

冷静な判断とスピーディーな対応が必要になります。

 

安全性を考え、しっかり駆除したい方は

経験豊富な駆除専門の業者に依頼するのが一番安全です。

ハチの巣の中はどうなっている?

スズメバチの巣の中の様子は

TVやネットなどで拝見したことがあるかと思いますが

実際に巣の中でハチの様子を見れるのは難しいもの…。

 

巣には、家の柱の役割になる巣盤(すばん)と呼ばれるものがあります。

 

スズメバチの巣盤は

一段作るとその下に新たに追加され

巣が大きくなるにつれ

数段の巣盤が柱で結ばれたような形となっていきます。

 

育房と呼ばれる部屋のような特徴的な穴が作られていき、そこで幼虫が羽化して成虫に育っていきます。

 

多段式に重なる巣盤が結合する支え柱となり

幼虫がさなぎになる時に

絹糸(けんし)を吐いて巣室を塞ぎ(マユ)を形成させます。

 

働きバチは

さなぎが羽化したあとに繭をかみ砕き

内側から削り取った外皮を唾液と練り合わせ

支え柱の素材として利用します。

 

巣が完成したあと

女王バチが幼虫を生み続け

成虫となった働きバチが増え

巣が狭くなっていくと

働きバチは巣を拡大させていくか、引っ越しを行うこともあります。

巣を狙うハチの天敵!

攻撃的なスズメバチに立ち向かう

 

ハチを捕食するもの…

 

スズメバチにとっての敵は?

 

当然ではありますが

スズメバチにとって近づいてくるものが敵です!

 

代表的なものから…

クマ

クマは甘い匂いに誘われて

ハチに動じずはちみつや昆虫を食べるためにスズメバチの巣を襲います。

 

童話でもそのキャラクターが有名ですね。

 

ハチミツが好物なイメージですがハチミツだけでなく、成虫、幼虫、蛹、巣そのものを食べてしまうことも。

 

クマは森林を主に生息地としていて

北海道の約半分の地域に生息するヒグマ、東北地方や中部地方ではツキノワグマが6割以上の地域に生息。

 

関東、近畿、中国地方では3割程度の地域に生息していると環境省のデータで述べられています。

 

都市部では見られないクマですが

蜂にとって天敵となるクマ。

 

スズメバチがクマを攻撃しても

クマの皮膚は分厚く固いため攻撃が効かず

巣を破壊され幼虫も食べられてしまいます。

 

クマにとってはスズメバチは危険と無縁の敵にも満たないものなのかもしれません。

 

「黒いもの」に攻撃する習性があるのは

巣を襲い子供も食べてしまうクマを天敵とみなしていることでクマの毛の色に近い黒色に攻撃します。

クモ

クモは「クモの巣」にかかる獲物を糸で絡み身動きを取れなくさせて捕食します。

 

すべての蜘蛛が蜂を捕食する訳ではなくアシナガバチミツバチを捕食する蜘蛛もいるようです。

 

自身より大きな獲物は捕まえる事は難しく

スズメバチもクモにとっては立派な獲物の対象となりますが、動きの激しいスズメバチが抵抗し糸を破り失敗に終わることも多く、逆に蜘蛛が捕食されてしまうこともあるようです。

トンボ

なかでもオニヤンマはスズメバチと同じ肉食性。

他の昆虫を捕食するようにお互いに天敵関係といえるようです。

アリ

アリは集団で行動し群れで襲い掛かるため

スズメバチも必死に抵抗しますが、アリは鋭い牙を使って集団で襲います。

 

小さな体が集まると強い武器になるんですね。

スズメバチの武器となる針は小さなアリに刺すことができないようです。

カマキリ

昆虫類で捕食のプロ!となる鋭い鎌で

獲物を捕らえて捕食します。

 

なかでもオオカマキリはスズメバチが抵抗する間もなく捕食します。

 

しかし空からスズメバチが襲ってきた際には反対に成すすべもなく捕食されてしまいます。

 

他にも鳥や様々な昆虫がスズメバチに恐れ知らずに向かっていくこともあるそうです。

スズメバチを襲う寄生虫

強い毒性を持つスズメバチに対し

寄生する生物もいます。

 

「ネジレバネ」(捻じれた翅を持つ昆虫)

 

この虫はスズメバチの体内に寄生する寄生虫で、多くは働きバチの体内に寄生します。

 

何らかの理由により寄生されたスズメバチは巣の中で過ごし働きバチ本来の役割を果たせなくなっていきます。

 

スズメバチの天敵として君臨された寄生虫ですが、必ず出現する訳ではないようです。

 

寄生されたスズメバチが増えてしまうと巣が持続できなくなっていき崩壊してしまいます。

人間VSスズメバチ

ここまでスズメバチを捕食するものや

寄生するものなど

自然界の様々な天敵をご紹介しましたが

 

スズメバチにとって最大の敵となるのは…!!

 

私たち人間だと言えるのではないでしょうか。

 

スズメバチを食用とする文化があったことで

人間に捕食されてきた歴史があるのは事実ですが

私たちの生活区域に入ってきた際

人間はその巣を破壊するように

殺虫剤を使用したりと対策を取ります。

 

スズメバチにとって自然界で

そこまで過剰な攻撃をする生物はいません。

 

強い襲撃を与えてくる人間

スズメバチにとって大きな天敵になると言えるでしょう。

 

しかしながら人間が標的になって集団に襲われ刺されてしまい、悲惨にも死に至る事案が発生しています。

 

森林などアウトドアにお出かけの際にも十分に注意しなければなりません。

 

比較的、巣が小さいうちに駆除を行うと

被害は抑えられますが

攻撃性の強いスズメバチを駆除する際は

防護服など装着しましょう。

 

着衣の露出は禁物です。

巣はどこに作る?

スズメバチの巣は土の中、樹木、墓石や建物周辺、雨風しのげる場所を見つけどこにでも作ります。

 

はじめは一匹の女王蜂が冬眠から目覚めた春頃に巣作りを始め、卵を産み付け、働き蜂が増えると共に巣が大きくなります。

 

秋ごろには完成された巣に数百匹にもなる働き蜂が11月頃まで活動します。

 

比較的、人の気配が少ない場所に作る場合もありますが、見通しの良い場所に作ることもあるので見つけた際には早めに駆除しなければ危険が高まります。

 

逆に目立たない草に覆われた土の中や、普段人の出入りのない空き家などに巣を作られると発見に遅れが生じます。

 

蜂の出入りが頻繁で発覚した際には、既にかなりの大きさの巣ができてしまっている可能性があるのです。

近くを通っただけでも攻撃してくる危険があるので十分に注意しましょう。

 

そんな凶暴なスズメバチが、人間の住むすぐそば、家屋の庭先や床下、屋根や軒下などの人が生活している場所に巣を作り、人間に危害を加える事案が毎年増えています。

 

戸建ての外周にある空調機器の隙間などにも巣を作ります。

 

一見分かりにくいような場所、荷物の裏など「なぜこんな所に?」と思うような場所にも作ります。

 

その巣を発見するまでに日数が経ち、ハチの目撃が増えてから発見に繋がるのがほとんどです。

 

秋口には巣が完成され働きバチの数もピークを過ぎ、新女王蜂は巣から離れ、11月頃には働き蜂の活動も終わりを迎えますが、それまで油断は禁物!

 

なるべく早期に発見し、刺されるなどの被害が起こる前に駆除を行いましょう。

スズメバチの活動サイクル

 

スズメバチの攻撃態勢

毒性の強いスズメバチは、毎年、各地での被害者数が増加しています。

 

巣があることが分かり、殺虫スプレーで攻撃を行っても次から次へとハチは攻撃態勢に入り体当たりして毒針を刺してきます。

 

スズメバチは一匹が毒針を刺すことでフェロモンを出しそれに反応したスズメバチが仲間を守るために集団になって襲ってきます。

スズメバチに何度も刺されるとアナフィラキシーショックを起こし最悪の場合、死に至るケースもあるため、注意しましょう。

侮ってはいけないスズメバチの退治。殺虫スプレー1本だけでは足りない事態も想定されます。

ハチ駆除でお悩みの方は経験や知識のある専門の業者に依頼することを強くおすすめします。

ここまでスズメバチに関する「巣」の特徴とその巣を襲うスズメバチの天敵をご紹介しました。

 

スズメバチは私たちの暮らしの妨げにもなる危険な害虫だと声を大にして注意を呼び掛けておりますが、スズメバチにとっても自分たちを狙う人間は危険だと認識しているのかもしれません。

 

頻繁に飛んでいる姿を発見したら

ご自身で駆除するのは大変危険なので、

安全性を考え、スピーディーな対応で駆け付けてくれる業者にお願いしましょう。

クジョリアでは、現地調査・お見積りは無料で行っています。

軒下や床下、天井裏など、家の周りなどに作られてしまったスズメバチの巣の撤去を行います!

ご納得頂ける費用と迅速な対応で施工をご案内いたします。

巣を見つけたら、スピーディーな対応が大切です!!お気軽にご相談ください。

ハチ駆除|千葉・東京・茨城の害虫駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

このページのトップに戻る