お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

【ハチ駆除対策】これから増えるハチ被害を防ぐ!安全なハチ駆除COLUMN

ハチの活動時期は、春~秋頃まで続く!!

危険なハチの種類とは?

ハチ駆除マスターがお伝えします!

 

ハチの巣づくり・ハチ被害を防ごう!

 

どんなハチが危険!?

ハチの種類を大きく分けると

 

スズメバチ

 

アシナガバチ

 

ミツバチ 

 

人家や庭先などに巣を作ることが多いハチです。

 

例え一匹のハチでも要注意!

 

これから巣づくりをする準備段階かもしれません。

 

春先に見るのは女王蜂

春先に見るハチの巣は、まだ比較的小さく

女王蜂だけが巣づくりを始めている頃でもあります。

女王蜂が、卵を産み働きバチが増え、夏から秋にかけて、ハチ被害が発生していきます。

 

ハチによる被害から住まいや身を守るために

早めの対策で被害を防ぎましょう。

ハチの種類

スズメバチの活動時期

危険度の高いスズメバチ

 

スズメバチの活動時期は

春から秋口頃までです。

 

家屋周辺、屋根・軒下・床下・土の中にも巣をつくり、建物・人への被害が最も多い毒性のハチです。

 

特に6月~10月頃は

凶暴で攻撃性も高くなり

巣も格段に大きくなると共にハチの数も増え

刺される被害も多くなります。

 

春の4月~6月頃までは

女王蜂一匹だけで巣づくりに励んでいる頃…

比較的、駆除しやすい時期でもありますが注意が必要です。

スズメバチの一年の活動

アシナガバチの活動時期

アシナガバチは穏やかで攻撃性の低いハチですが、毒性のある要注意なハチでもあります。

 

巣や身を守るために威嚇しながら刺してくる場合があるので注意が必要です。

 

6月頃から活動が活発になりますが、春先など早い時期にも見かけます。

 

アシナガバチは足をだらりと下げたような姿で飛び、動きは鈍い方です。

巣は巣穴が丸見えの

おわん型・シャワーヘッド型です。

 

⇩実際の写真

家屋の屋根付近から

ベランダ・玄関など

割と目につきやすい所にも巣をつくります。

ミツバチの活動時期

ミツバチは一年中活動していますが

春先になると野花、庭先の植物の蜜を求めて活動します。

攻撃することはほとんどありません。

ミツバチも毒を持っていますが、安全と言えるほど穏やかな性格です。

よほどのことがなければ刺すことはしません。

時々思いがけない場所にミツバチの群れが集まっていることがあります。

建物・庭先・軒下・屋根裏・木の枝。

刺激しなければ攻撃してくることはありませんが、安全性を考え、駆除の対象となります。

 

ハチの巣の撤去方法

刺されると命の危険が伴う恐れのあるハチ。

 

家の周囲でハチの巣を見かけたら

近づいたり刺激しないようにしなしょう。

安全な方法で駆除しよう

ハチの駆除をお考えの方は、

巣の大きさに注目してください。

 

まだ作り始めた小さな巣であれば、

比較的駆除しやすいでしょう。

しかし小さな巣でも、油断禁物です。

 

巣の大きさに比例してハチの数は多くなります。

 

巣の中に思った以上のハチが潜んでいる可能性があるため細心の注意を払ってください。

 

飛んでいるハチを退治する際、

近くの巣から仲間が攻撃してくる危険もあるので、

巣がどこにあるのか、事前に確認しておきましょう。

ハチ駆除は誰にまかせる?

危険なハチの駆除は、慣れていないと刺されたり、高所作業では転倒して怪我をされたり、近隣にまで飛んで影響を及ぼす恐れがあります。

細心の注意を払い、被害の状況に合った安全性の高い判断で対策をしましょう。

 

■自分で退治する方法…

 

注意点をしっかり把握した上で、市販の殺虫スプレーなどで速やかに駆除しましょう。

 

■駆除業者に依頼する方法…

 

迅速に対応してくれる安全に駆除してもらおう。

経験や知識を学び得たプロにお願いすると良いでしょう。

 

■放っておく方法…

 

建物周辺や人が近くを通る場所では、巣を放っておくことは危険です。

 

「近づかなければ大丈夫」と油断していると、種類によっては巣が大きくなりハチの数が増え、危険性が高まることも。

 

被害の状況や環境を見据え、安全性を考えた適切な対処法で解決させましょう。

自分で退治する・業者に依頼

自分での駆除・業者に依頼する方法でのメリットとデメリットで比較してみましょう。

ハチの駆除は危険がいっぱい

自分でハチ駆除は、種類や駆除をする時期によって危険度が異なります。

 

床下・屋根裏・家屋の隙間などは、発見に遅れが生じやすく

ハチの被害に気付いた時には

割と大きな巣になった頃…。

 

多くのハチをみるようになった…。

その時点で危険度は高まっています!

 

活発な時期は攻撃性も強くなるため

近くを通っただけで攻撃してくるスズメバチは特に注意しなければなりません。

 

刺されることで、アナフィラキシーショックを引き起こし、最悪の場合、死に至ることがあるとても危険なスズメバチ。

 

駆除をする際、経験や知識を学び得た者が行う際でも、細心の注意を払い駆除をしています。

プロだから安心・安全な駆除

ハチの巣は屋根に近い高所作業では、梯子や脚立などが必要であることが多く、看板など届かない場所では高所作業車が必要になることもあります。

 

巣の撤去並びにハチの駆除は、大変危険な作業となります。

 

多くのハチが攻撃してくるため、足元を取られ落下する危険や、ハチに刺される危険も高くなります。

 

ハチ駆除業者では、ハチの種類や特徴などを把握した上で、安全を期して、防護服などを着用し、万全な態勢で駆除作業に当たります。

 

建物外周の様々な場所に巣を作るハチですが、床下、天井裏などにも巣を作る事例も多く起きています。

 

確認するために、覗いたり、刺激すれば攻撃性をあらわにする恐れもあるため、十分に注意してください。

ハチの駆除ならクジョリアへ

ハチ駆除のポイント

〇駆除する前に…安全を確保

 

防護服を着用はもちろんですが、近隣や歩行者などへの安全性を考慮した上で作業する必要があります。

 

通行人の多い場所では、通行者の少ない時間帯を選び、付近を封鎖して作業する場合もあります。

 

〇働き蜂が巣にいる時間帯に駆除

 

日中は巣から離れ、働き蜂は活動しているため、活動を終え巣に戻ってきている夕方以降に行うと良いでしょう。

 

〇殺虫スプレーを巣穴に一斉に吹きかける

 

慌てず、手際よく、速やかに、一斉に専用薬剤スプレーでハチの動きを抑え込みます。

 

巣から大量に出てくる危険を避けるため、巣にいるハチから優先的に駆除しましょう。

 

異変を察知して巣に戻ってくる働き蜂にも、専用薬剤スプレーで動きを抑え込みます。

 

使用する専用薬剤スプレーは、ハチの数や巣の大きさによって足りなくなってしまう場合もあるため、予め2~3本用意しておきましょう。

 

〇ハチの動きが完全に止まってから巣を撤去

 

巣を撤去する際、ほとんどのハチの動きが止まってから速やかに巣を撤去します。

 

〇戻り蜂にも注意

 

巣が撤去され、居場所をなくした蜂が戻ってくるためしばらく注意を払いましょう。

 

「ハチの巣がある」

 

「ハチが頻繁に飛んでいる」

 

蜂や巣を見つけたら、速やかに駆除業者に駆除してもらうことが安全です。

ハチ駆除にお困りの際は、迅速に対応してくれる駆除屋さんに問合せてみると良いでしょう。

巣は小さいうちに駆除

巣を見つけた時期が早ければ早い方が巣も小さく駆除も安全です。

 

春先からスズメバチ・アシナガバチ等の

「女王蜂」一匹だけが巣作り活動し出します。

 

⇩写真はアシナガバチの巣

目安として4~6月頃の巣は15㎝未満であることが多いので、安全のために防護服を着用して駆除しましょう。

作り始めの巣

4~5月頃に女王蜂一匹で巣を作ります。

 

作りはじめの巣の大きさは

約4~6m、10㎝以下ほどです。

 

巣には女王蜂だけの可能性が高く

比較的駆除がしやすいでしょう。

しっかり準備をすれば自分で駆除も可能です。

作りかけの巣

作りかけの巣は、卵が孵化して、働き蜂が誕生。

働き蜂が巣作り活動を始める時期です。

 

5~6月頃の巣の大きさは10~20㎝前後になります。

作りかけのスズメバチの巣はフラスコを逆さまにしたような形

スズメバチは、日に日に発達していき、巣の大きさに比例するように働き蜂が増加、危険度も変わっていきます。

 

10cm以上の大きさになっていたら危険な時期であると判断しましょう。

働き蜂が急激に数が増えるので、自分で行わず専門の業者に依頼することをおすすめします。

完成している巣

6月~7月以降、急激に大きくなり、ほぼ完成された巣には、およそ数十から数百匹以上の働き蜂が活動しています。

 

9~10月以降、攻撃性が非常に高まる時期は、近づいたりせず、速やかに駆除屋さんにお願いしましょう。(スズメバチの場合)

 

※ミツバチは女王蜂と働き蜂が共同で巣作りするため、女王蜂一匹だけでは巣作りしません。

 

まとめ

ハチは雨風しのげるような空間、軒下・天井裏・壁の中(断熱材)・戸袋・換気扇のダクト・石垣や植え込みの中など様々な場所に巣をつくります。

 

環境の変化によって、発生する時期は異なりますが、巣の大きさを確認のもと、安全な駆除方法を選びましょう。

 

ハチ駆除|千葉・東京・茨城の害虫駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

スズメバチが飛んでいる!凶暴で攻撃的なハチはいつ頃まで活動する? (qujolia.jp)

このページのトップに戻る