ムカデが家の中に侵入したら|退治と予防方法|千葉・東京・茨城で害虫や害獣、害鳥の駆除や防除、対策のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

ムカデが家の中に侵入したら|退治と予防方法

見た目もグロテスクなムカデが

家の周りやお庭に発生していたら要注意!

 

家の中に入ってくるムカデにお困りの方へ

 

ムカデに咬まれないために

予防できることとは?

 

適切な駆除で被害を最小限に抑えよう!

ムカデが家屋に侵入してくる訳は?

餌を求めて侵入

ムカデは夜行性で日中は暗い場所に潜み

夜になるとエサを求めて活動します。

 

ムカデ(百足)はゴキブリが好物!

 

家の中に入ってきてしまうのは

湿気がある床下や窓際にいる

昆虫を求めて侵入します。

 

主な餌はゴキブリやクモなどの小さな害虫。

完全な肉食性で狩りをして獲物を捕食します。

 

主に小型の昆虫を餌にしますが時には小動物までも被害に遭うことも…。

湿気のある場所が好き

普段は自然界で暮らすムカデは

乾燥に弱い性質なため

石や落ち葉、木の下やプランターの裏など

地面と物の間にできた隙間に潜んでいます。

 

床下など暗く湿った場所を好みます。

 

※ゴキブリも湿気の多い場所を好む

家の外周の隙間や床下から侵入

湿気を好むムカデの主な侵入口は

水分が多いジメジメとした場所。

 

目撃の多いキッチン・トイレ・お風呂…

窓や網戸などの隙間から

 

換気扇・窓・玄関、床下、天井裏などにできた

わずかな隙間から侵入できます。

 

室内に一度侵入したムカデは

しばらく外へ出て行かず潜んでいることも。

 

夜行性のため日中はあまり姿を見せず

狭く暗い場所に潜んでいます。

 

暗い場所や夜になると活動するため

就寝中に咬まれる経験をすることも!

 

毒アゴを持つムカデに咬まれると

咬まれた箇所に激しい痛み

激痛が走り赤く腫れ上がります。

ムカデを寄せ付けない対策

そんなムカデに遭遇して

咬まれる被害に怯える恐怖…。

 

そんな経験のある方は

家の中に侵入させない対策をしましょう。

 

冒頭でもお話しましたが

ムカデは主に外から入り込んできます。

 

そのため必要な対策として

発生や侵入を防ぎましょう。

お庭のお手入れ

ムカデは庭先などの

ジメジメとした暗い場所を好みます。

 

草が生い茂っていたり

植木鉢や荷物の下などに潜みやすいので

事前に片付けておくと良いでしょう。

 

※主に梅雨前にお手入れするのがポイント!

 

お庭のお手入れで草刈りや草抜きをしておくと他の虫対策にも繋がります。

家の中に入ってしまう事を防ぐためにも普段から家の周りのお手入れをしておきましょう。

 

又、害虫予防としてムカデ専用の薬剤を利用してみても良いでしょう。

どちらにしてもお手入れの際は、長袖・長ズボン・手袋で作業しましょう。

 

ムカデが発生してる時期は注意!

 

既にムカデが庭にいる場合、薬剤処理を行う場合は害虫駆除業者にまかせると安全です。

 

自分で様々な対策をしていても

毎年のようにムカデに悩まされている場合には、プロの力を借りてみると良いでしょう。

侵入口を塞ぐ

外からの侵入口は、床下や浴室、トイレの窓の隙間からが多いでしょう。

その他エアコンのダクト付近や窓の冊子。

 

他には床下を伝って台所付近にも発生し

餌となるゴキブリやクモなどの害虫が出やすい場所に現れやすいでしょう。

 

網戸の隙間、劣化によってできた隙間、侵入口はわずかな隙間です。

 

その隙間を突き止め侵入させないよう

パンチングメタル金網ネットなどを使う他、場所に応じながらテープやシリコンなどを使って塞ぎましょう。

 

※場合によってはムカデ以外にも

アリやゴキブリなど他の小さな虫の侵入も防ぐことができます。

薬剤で侵入を防ぐ

お庭や家の外周、隙間や床下に

ムカデを寄せ付けないための

粉剤や木酢液を使って侵入を防ぐ方法も有効的。

 

嫌がるニオイで寄せ付けない方法や

殺虫効果のあるものも効果が期待できます。

除湿剤で湿気予防

湿気は家の中に停滞しやすい梅雨などに侵入しやすいので、普段から床下の換気除湿剤を使用して湿気がこもらないようにしましょう。

ゴキブリ対策でムカデも寄せ付けない

ムカデの好物はゴキブリ!

エサとなるゴキブリがいることで

ムカデを寄せ付けてしまう恐れがあるので

こまめなお掃除や生ゴミなど長時間放置しないようにしましょう。

ムカデ退治方法

ムカデが家の中に発生したら

専用の殺虫剤や新聞紙を使うなどして

ムカデの急所である頭を叩きましょう。

素手で触ったり刺激すれば咬まれる危険があるので、速やかに退治しましょう。

 

叩いて潰しても繰り返しムカデを見つける場合、家のどこかから侵入している可能性もあります。

 

いつまたムカデが現れるか不安な気持ちでいる方、就寝中に安心できない生活をされる方へ

発生させないためのアドバイス!

発生源を突き止めて予防しよう

ある程度のムカデの習性や特徴を踏まえながら、被害の状況、建物の構造に合った施工で侵入防止対策をしましょう。

 

独自でも予防できる、隙間を塞ぐことや湿気対策、お手入れやお掃除と薬剤を使用しながら予防してみましょう。

 

しかしながら、環境によってなかなか自分では解決できないこともあります。

 

諦めてはいけません!

 

そんな時にはピンチヒッターに相談してみよう!

害虫駆除業者に力を借りよう

プロの害虫駆除業者は、ムカデだけでなく家に侵入するあらゆる害虫駆除のプロです!

 

経験や知識のあるプロが被害の状況を徹底的に調査を行い、ムカデを駆除します。

 

特に床下の被害状況は

ご自分ではなかなか難しいもの…。

 

信頼できる業者選びが重要です!

 

クジョリアでは信頼できるサービスを目指し、無駄のない適正料金でお客様の暮らしのお手伝いを行っています。

 

ムカデだけでなく、クロアリ、カメムシ、ダンゴムシ、ヤスデ等の不快な害虫も的確に駆除!

まとめ

ムカデの侵入でお困りの方へ、侵入させないアドバイスを挙げさせて頂きました。

 

小さなムカデは脱皮を繰り返し成長して繁殖を繰り返していきます。

毎年のように発生して咬まれると激痛が走り赤く腫れ上がり、アナフィラキシーショックなど命に関わる危険もあります。

 

一度咬まれたことがある場合、二度目以降はアナフィラキシーショックになりやすいとも言われるため、絶対に咬まれないよう普段から対策を心掛けましょう。

 

咬まれると言った被害を避けるためにも

早めの対策でムカデを退治しましょう。

 

害虫の発生に困ったら是非一度、クジョリアにご相談ください。

良きアドバイスと改善策を考案させて頂き、皆様のお役に立てる徹底駆除を行います!

 

このページのトップに戻る