害虫駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

千葉県八千代市のT様のシロアリ駆除

施工事例:害虫駆除
千葉県八千代市のT様のシロアリ駆除:施工前施工前
千葉県八千代市のT様のシロアリ駆除:施工後施工後

千葉県八千代市の木造2階建てアパートでのシロアリ駆除を行いました。

お問合せ頂いた時点でアパート1階のご住居者様の室内、畳やじゅうたんにも白蟻が出てきているとのことで被害は広範囲に広がっている模様でした。

床下ではシロアリの姿を発見。多くのシロアリを目視で確認できました。

薬剤を散布してシロアリの駆除を行います。柱となる木材の中にもドリルで穴を開けて薬剤を注入させていきます。

シロアリは一年を通して活動するため、発見や駆除を怠るとどんどんと家屋を蝕んでいきます。

日に日に被害が進行していくと手の付けようがないほどのシロアリに蝕まれてしまいます。

湿気の多い床下では柱となる木材が腐っていき、駆除だけでは済まなくなってしまうこともあります。

リホームをしなければならないレベルや耐震性にも影響を及ぼす倒壊の危険にまで繋がってしまうこともあるのです。

今年は梅雨が非常に長く続きました。

シロアリが床下に発生しだしたのは今年の梅雨以前からと思われますが、ジメジメとした時期が長かった分、湿気を好む害虫シロアリも活発に活動していたと考えられます。シロアリたちにとって絶好の時期であったと言えますね。

 

写真をご覧いただくと分かるように、柱には「蟻道・ギドウ」と言われる読んで字のごとく蟻の道ができていました。

木材やコンクリートに出来た茶色い土は白蟻たちのトンネルのような役目です。

白蟻は黒蟻と違って土の中で餌を探して移動します。

黒蟻のように地表をそのまま移動することはせず、外気の流れや光を嫌うため、白蟻の分泌物や排泄物を土壌や木材のカスを練り合わせ蟻道を作り移動します。

お庭や建物の外周から地中の暗闇から床下には湿気が多く白蟻が好む木材が絶好の場所となります。

床下では木材の表面を移動するより木材の割れ目などから侵入し、木材を割ってみると中には大量の白蟻がいるのが白蟻の特徴とも言えます。

建物のコンクリ部分や庭先、周囲にこのような蟻道を発見したら要注意です!しっかり点検や駆除を行いましょう。

 

普段なかなかお目にかからないシロアリですが、建物の構造や環境によって今回のように畳やじゅうたんなど、室内、天井、壁などからも発生してきてしまったら建物全体に広がってしまっている可能性大!!早急に駆除退治を行う必要があります。

市販の薬剤だけでは効果を発揮させられない場合があります。殺虫スプレーだけでなく、巣ごと退治しなければなりません。

お手軽に済ませたいと自身でのシロアリ駆除は非常に困難な場合がありますので経験や知識を持つプロにお任せするのが適しています。

更には保証付きサービスを活かして定期調査を行うことをおすすめします!

 

 

 

このページのトップに戻る