生命力の強いムカデ!咬まれると激痛が走る!危険なムカデについて|千葉・東京・茨城で害虫や害獣、害鳥の駆除や防除、対策のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-18:00

お役立ちコラム

コラム

生命力の強いムカデ!咬まれると激痛が走る!危険なムカデについて

お庭にムカデが発生!

 

家の中にもいる!

 

刺されたら危険なムカデが

家の周りにいたら刺されてしまう危険があります!

 

ムカデの生態や特徴を知って

安全な駆除・予防をしましょう。

気持ちの悪さがインパクト大!

暖かい季節には、様々な昆虫たちも私たちの暮らす住宅に現れます。

なかでも春から秋にかけて

活動を始め被害を与える

 

毒を持つムカデ!!

 

これに咬まれると

 

激痛が走る!

 

発見したら無理に近づいたり手を出さず

 

安全な方法で退治しよう!

ムカデとは?

日本に生息しているムカデは

130種類ほどと言われています。

 

住宅で発生するムカデ

「トビズムカデ」

「アカズムカデ」という種類。

 

家屋の床下や庭先に現れるムカデは

見た目も非常にグロテスクな生物…

 

目を背けてしまうほどの気持ちの悪さ…

 

毒性を持つ

見た目も悪そうなムカデについて

調べていく度に遭遇したくないと思うほどの恐怖を覚えます!

ムカデの特徴と生息

特徴は種類や個体によって異なりますが

基本的に赤い頭にオレンジがかった黄色い足をたくさん持つ…多数の脚を素早く動かし移動します。

 

色や大きさと生息場所から

ムカデと分かっても種類に大差はないようです。

 

ムカデは肉食性で、生きた昆虫など動く獲物に対して餌と認識します。

視力はあまりなく毒アゴを使い獲物のニオイや振動を察知して素早く飛び掛かって仕留めます。

 

獲物を逃さないように足で絡みつき、毒アゴで咬み付き殺して捕食します。

普段はじっとしていますが、天敵から逃げる際は素早い行動ができます。

 

攻撃性が高く、無理に手を出すと咬みつきひどい痛みを伴います。

ムカデは、ダニやクモなど小さな虫も食べますがゴキブリなど好んで食べます。

 

家屋で獲物がなければキッチンの食材を食害することもあるようです!

ムカデの出現時期は?

ムカデは5~6月頃が繁殖期になり多く発生する時期になります。

 

日中はお庭の草むら、植木鉢、石をどかすと見つけることも…。

ムカデ/ゴキブリ/シロアリなどの

害虫は基本的に暗く湿気の多い場所を好んで過ごしています。

 

ムカデをはじめ様々な害虫などが

床下の湿気が多い場所に生息する傾向があるため、定期的な床下調査も大切です。

 

8月の猛暑は比較的大人しくあまり表には出てきません。

 

9~10月頃にはムカデの子どもが成長期になり、大きめなムカデが餌を求めあちらこちらに行動を始めます。

11~3月頃までは冬眠の時期になり、地中で過ごしています。

ムカデに咬まれたら?

 

すべてのムカデには毒があり、咬まれるとハチと同様に激しい痛みを伴います。

 

アナフィラキシーショックを引き起こしてしまう場合もあるため十分な注意が必要です。

住宅の構造によって被害は様々ですが、ムカデは人が寝ている間に庭先などから家屋に侵入。

玄関先の靴の中にムカデが潜んでいたり寝室に入られ被害を受けるケースもあります。

 

咬まれてしまった時には、流水でよく流しましょう。

そしてステロイド軟膏を塗る処置を行い、痛みが軽い場合であっても念のために医療機関で診てもらいましょう。

お子様やペットがいるご家庭では十分な注意が必要です!

 

なぜ床下に来るの?

ムカデは日中、庭の鉢や石などの狭い場所にじっとしていることが多いですが餌を求めて移動します。

 

床下に潜む要因は湿気が多く好物となるミミズやクモ、ゴキブリなどの昆虫がいる可能性が高くなります。

時にはネズミやコウモリなども食べててしまう肉食性だと言われています。

 

湿気の多い場所を好み、そこには餌となる害虫や害獣が多くいることでい一石二鳥の環境になります。

床下の湿気対策は重要

上記でも説明したように、

湿気を好む害虫は床下が絶好の環境場所になります。

 

床下の湿気は単に床下だけの問題ではなく、

床材を食い荒らすシロアリ問題まで引き起こします。

 

更には湿気がこもりやすい床下から

押し入れや畳やじゅうたんなど室内にも湿気が流れていきダニやカビなどが発生します。

 

床下の湿気はあらゆる被害を引き起こすことを知っておく必要があります。

まとめ

春が訪れると共に

多くの害虫たちも活動を始めます。

 

ムカデはヤスデやゲジゲジなどと

間違われがちですが良く見ると違いがわかります。

 

ゾッとする気持ちの悪さは非常に似ていますが…ダンゴムシのようなヤスデには攻撃性はなく毒性もありません。

 

ゴキブリや小虫を捕食するゲジゲジは

攻撃性もなく多少の毒性を持っているものの人体に被害が出るほどではありません。

 

攻撃的で強い毒を持つムカデ

家の周辺や草むらにいることが多いため、

虫好きな好奇心あるお子様やペットなど十分に注意してください。

 

見つけた際はむやみに手を出さず

踏みつけてそのままにしておくのも危険です。

 

殺虫スプレーなどの薬剤も

市販されていますのでご家庭の環境に合った薬剤を選びましょう。

 

繰り返し頻繁に現れる場合や、

床下の内部を調査する必要がある場合は

専門の業者へ依頼することをおすすめします。

 

床下に潜んでいる他の被害にも気づくことができ、多くの害虫・害獣による被害を軽減できます。

 

 

クジョリアでは、庭先から床下に潜むムカデの駆除を行っています。

安心できる無料の調査とお見積りでご納得頂ける費用でご案内させていただきます。

お気軽にご相談・お問い合わせください。

 

虫の侵入はどこから?春に備えるゴキブリ・シロアリ・スズメバチの害虫対策!

このページのトップに戻る