お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

ハト被害に悩んでいる個人での駆除!鳩対策について専門家が解説COLUMN

身近な場所で見かけることが増えたハトは、私たちの暮らしに様々な悪影響を及ぼすことがある害鳥です。鳩による被害で悩まれる被害を防ぐためにどんな方法があるのか、ハト対策について専門家が解説!

ハト被害でお困りの方へ

ハトによってお困りになられている方のために、自分で解決させる方法・駆除にお願いする方法について、どのような方法を判断すべきか、解決策をご紹介!

 

現在多くの地域で鳩による被害が相次いでいます。高層ビル、高層マンション、ホテル、戸建住宅の他、店舗などではエアコン室外機の裏、様々な場所に巣をつくります。

ハト相談の中で、ベランダの室外機裏や屋根の太陽光ソーラーパネルによる被害が最も多いと感じます。

ハトのフンによって不快な思いや、衛生面や健康面を心配される方が多いなか、どんな方法で解決させれば良いのか、鳩の特徴や習性、法律に関係する駆除について学んでみましょう。

ハトを駆除必要性は?

ハトの糞害は見た目の不快感、健康面の心配、病気に掛かる恐れ、フンによって様々な問題が起こるため駆除を行う必要性があります。

野生の鳥を駆除するのは「かわいそう」そんなお気持ちを抱きつつも、放置してしまうと暮らしに大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

屋外であっても、フンが乾燥して空気中に舞うことで鼻・口・目に入ることで健康被害を及ぼしてしまう恐れがあるのです。

 

被害に合われるお宅ではフン清掃しても繰り返したくさんのフンに悩まれ、なかなか解決方法がわからないなどの悩みも多い害鳥被害

個人でハト駆除を行おうと考える方も多いこのハト被害は、注意すべき法律や、駆除におけるポイント、駆除を行う上で知っておくべき知識や駆除の流れを解説します。

 

ハト駆除する前の準備

国の法律を理解しておく

まずはじめに、鳩の被害に悩まされている方は、すぐにでも鳩を追い出し駆除したいと思うものです。しかし、何の準備もせずに駆除することは、ケガや病気に繋がり、更には法律に触れてしまう場合があります。鳩を駆除するためには入念な準備が必要となります。

その準備とは、どのようなものが必要になるのかを解説します。

 

法律「鳥獣害保護法」

鳩を駆除する前に把握しておくべき重要な法律です。

鳥獣害保護法とは「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」です。

鳩を含む他の鳥獣の保護を定められた法律となります。鳩、カラス、ムクドリ、スズメなど身近に生息する鳥獣等も同様です。

 

この鳥獣保護法は、許可なく自然環境で生息する鳥類や鳥獣とされるハトの捕獲、巣にいる卵や雛の捕獲や採取、飼育、殺傷などはしてはいけないという法律です。

許可なく個人での捕獲やケガを負わせてしまうことも禁止されたものです。

鳩の駆除の際、巣の撤去では雛や卵がある場合、巣を壊したり雛や卵の移動など行うことを原則禁止されています。

 

ハトを勝手に捕まえたらどうなる?

例え家に被害を与える害鳥のハトであっても、勝手にハトを捕まえることは法律違反となります。

法律違反となった場合には、100万円以下の罰金、又は一年以下の懲役を科せられます。

あくまでも国で保護された鳥獣であると考え、自宅で鳩が巣を作り被害に合われていた場合であっても許可なく勝手に捕まえたり、傷つけることはできない鳥獣保護法を守った上で駆除を行う必要があります。

 

許可を取ればハトは簡単に捕まえられる?

許可を取れば捕まえて良いのかという質問もありますが、ご自分での捕獲は簡単なものではありません。一般的に、駆除業者にご依頼のもと、捕獲ではなく追い出す方法としてご案内することがほとんどです。

ハト駆除でプロが行う防止対策を実施しても解決できない場合や、やむを得ない場合での捕獲・処分は、様々な基準を基に手続き申請が必要となります。一般的な駆除では、捕まえることがメインではなく、追い払い、侵入防止対策を行う駆除がメイン作業となります。

ハトや鳥獣の捕獲では、原則として狩猟免許を保有している方に許可されるため、狩猟免許がない場合、審査待ちによって日数が掛かる場合があります。

捕獲許可申請では必要書類も多く、審査に日数もかかるため、許可証が発行されるまで2~3週間ほどの時間がかかる場合があります。捕獲しなければならない場合には、まず役所への申請が必要です。書類様式は各自治体によって異なるため、事前に確認してみましょう。

 

申請不要の安全なハト駆除

上記でご紹介したように、環境や被害の状況によってあらゆる対策では改善されない場合を除いては、安全な追い出し、ハトを直接傷つけることなく追い払うことが解決させる目的です。捕獲をせずに、追い出し被害に合われた場所の施工方法によって再び侵入させない、よせつけない対策を行い被害が改善させることができます。

複雑で手間のかかる手続きを避けたい方、駆除するまで期間を空けていたくない方、許可が認められるかわからないとお考えの方は、専門の駆除業者に依頼すると、予防対策として適切な処置を行ってもらうことができます。

 

ハトの習性と特徴を把握する

郊外などで見かける鳩は、人懐っこい印象と可愛らしい姿を思い浮かべますが、あの姿はエサを調達する時に見る姿です。

ハトは縄張り意識が高くて執着心の強い鳥です。そのため被害が深刻化するねぐら(巣)にも強い執着心を持つため、排泄したフンにも安心感を得ながら住み着きます。

縄張りとして認識しているエリアに近づいてくる敵とみなした人間にも、時として攻撃性をむき出し、鋭いくちばしや爪でケガをしたり、群れで襲ってくることもあるので、ケガをしないよう注意しましょう。

 

ハトを駆除する前に確認しよう

個人で駆除する場所は、おそらく自宅のベランダなどが被害の中で最も多い場所です。

非常階段・ボイラー室・屋根・太陽光ソーラーパネルなど様々な場所で営巣する鳩ですが広範囲で被害が深刻な場所では、個人での駆除が難しくなっていきます。

 

1.巣には卵や雛がいないか確認

 

  目視で確認できる場所では、巣に飛び立つことができない卵や雛はありませんか?

  そのような場合には駆除はストップ!雛や卵が巣立つまで待ちましょう。

  自力で飛び立つことのできない鳩には手出しすることはできません。

 

2.高所や危険な場所でないか確認

 

  屋根や外壁、足場や脚立が必要な場所では危険が伴います。ご自分でできる範囲で解決させるには非常に難しく危険です。

  ハトが頻繁に飛来する場所は、近くに巣があると考えられますが、落下する危険がある場所では十分に注意し、予め作業の準備をしましょう。

  ハトは人が近づけば離れていきますが、狭いすき間などでは卵を守るために逃げていかない個体もいます。

  ハトが居座る場所によって確認も難しくなります。ご自分でできる範囲でハトの様子を確認でき次第、駆除依頼をご検討することが安全です。

 

最も被害の多いベランダのハト駆除

日常生活でも利用するベランダでのハト駆除では、ハトの一時的な追い出しは可能です。

最も早く解決したいのは「フン害」ですね。

ハトの駆除について注意点やハトの特徴など把握できたらできる範囲で作業準備しましょう。

 

鳩駆除で必要なモノを用意する

フン清掃

 

マスク・ビニール手袋・ゴーグル・長袖・長ズボン・服装・長靴・ほうき・ちりとり・ブラシ・雑巾・ゴミ袋・新聞紙・ぬるま湯・バケツ・ヘラなどあると便利。エタノールなどの消毒液(場所によって足場・脚立の使用は十分に注意してください)

 

侵入防止用具(ベランダ向け)

 

飛来防止・防鳥ネット(鳥よけネット)・剣山(スパイク)・忌避剤・設置工具となるフック・接着剤・シリコンなど

ハト駆除の実践

それではハト駆除の準備が整ったらいよいよ実践しましょう。

準備した知識や特徴を踏まえて、安全かつ確実にハトの駆除を行っていきましょう。

以下では、の捕獲や傷つけることなくハトを追いはらう方法、申請不要の有効的な駆除方法をご紹介します。

 

 

<忌避剤>

忌避剤はハトが嫌がる臭いや味が含まれた成分をハトのいる場所に設置させ追い払う方法です。

もしもベランダなどに住み着き頻繁に飛来してくる場所に設置させることで近寄りたがらなくなる効果があります。

忌避剤だけでなく他の対策方法と取り入れながら併用させて効果が見込まれます。

 

環境によって適切な使用方法もあるため、対策にお困りになったらプロに相談してみましょう。

 

<巣の撤去>

巣の撤去を行う際、巣にはヒナや卵がないことを確認しましょう。巣にヒナや卵がなければ捕獲許可証は不要です。

ヒナや卵がいる場合、捕獲許可証の手続きが求められます。

捕獲許可証があっても、殺傷ではなく許可証の認定条件を遵守して、ヒナや卵を傷つけずに移動するように巣の撤去を行いましょう。

巣となる木の枝を集めた巣には、多くのダニや寄生虫がいるため、素手で行わずにビニール手袋を付けましょう。

 

住み着いて糞が大量!フン清掃について以下にてご紹介します!

 

<剣山(スパイク)設置>

多くはベランダの手すりや室外機の上などに剣山を設置させ、ハトは止まらないようにする方法です。鳩専用の剣山には樹脂製や金属製がありますが、鳩にとって脅威となる金属製を使用しましょう。鋭いピンなので、落下などないようしっかりと固定させなくてはなりません。

 

<防鳥ネット(ハトよけネット)>

 

ハトの侵入を物理的に防ぐために対策場所、ベランダ全面に侵入できなくなるように設置させる方法です。ベランダ、庇の下などピンポイントに設置することができる防鳥ネットですが、ただ付けるだけでなく隙間なく設置することが重要です。高所作業となり、全面に設置させる作業が難しい危険な作業となるため、設置だけの作業をプロに依頼する方もいます。

 

ハトを寄せ付けない予防策

<忌避剤>

追い払う際にも利用する忌避剤は寄り付かせない予防策としても効果的です。忌避剤を設置させることで近寄りにくくする効果が期待されますが、帰巣本能のあるハトには忌避剤だけでは効果が得られにくい場合もあります。他の対策を取り入れながら忌避剤を使用して侵入防止させましょう。

<ハトの糞掃除>

大まかなものから掬い取り、速やかにゴミ袋に入れ処分しましょう。こびりついたフンにはぬるま湯を使ってヘラなどで取ると簡単です。

ブラシで磨くのは最後にしましょう。フンがまだあるうちに水を撒いたりすると排水口に流れず根詰まりを起こしてしまうため、しっかり取り除いてから水を撒いて磨きましょう。定期的に水撒きをしながら荷物を増やさず、お掃除しやすいようにしておきましょう。

ハトのフンで感染症?!

鳩のフンや羽毛には、雑菌やウイルス、様々な病気を引き起こす病原菌が潜んでいます。代表的なクリプトコッカス症、サルモネラ菌による食中毒といった症状や、アレルギー症状を引き起こす場合があるため、マスクやゴーグルなどを付け、フンの清掃時は十分に注意しながら作業しましょう。

 

素手による作業では、傷口から菌が入ったりすることで炎症を起こす恐れもあります。

鳩の糞が乾燥すると風やほうきで掃うと空気中に細かく舞い散り、鼻や口に入ってしまうと危険な感染症を引き起こす危険があるため、マスクを付けないまま清掃作業は危険です。

また、鳩のフンだけでなく鳩の体にもダニやノミなどの寄生虫が寄生しているため、肌の露出なども避けましょう。

 

自分でハト駆除は難しい

ご自分でこまめなフン清掃はできても、追い払って侵入できないように設置する作業はとても難しい…そんな時にはプロにおまかせすることが安全であり、設置効果も期待できます。プロならではの侵入防止作業では、素人では難しい場所においても丁寧かつ迅速に対応してもらうことができます。

太陽光ソーラーパネルにハトの巣

近年増えつつある屋根の太陽光発電ソーラーパネル。ソーラーパネル隙間に巣を作られてしまう被害が多くなっています。

屋根は普段は確認することができない場所では、庭先や外観にフンが目立つようになり、ハトの数が増えた頃、日数が経って被害に気付かれる方も多くいらっしゃいます。

屋根が頻繁にハトが集まり、洗濯物への被害や外壁の汚れ、フンがあちこちにされることで精神的にも不快な思いをされ、機械の故障などの心配にも繋がります。

いち早く解決させよう!

ハトの被害は放置してしまうと益々被害が悪化していきます。一年中活動するハトは、季節問わずに繁殖することができるため、個体数も増え、特にフン害は増すばかりです。大切な住まいやご家族の健康被害を避けるためにもいち早く解決させましょう。

 

まとめ

なるべく独自で解決しようと様々な駆除対策を行うことができるハト駆除(鳥よけグッズ)用品も市販で販売されています。環境や建物の構造、被害の状況によっては、解決できないと悩まれる方々のために、プロの害鳥駆除業者が各地で活動しています。一日でも早く安心した暮らしが送れるよう迅速に対応してくれる専門の駆除屋さんに任せてみてはいかがですか?安心・安全な施工でハトのお悩みを解決してくれます。被害の状況などご相談の上、良いアドバイスと早期解決策を見つけましょう。

 

ハト駆除|千葉・東京・茨城の害鳥駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

ハト・スズメ・カラス・ムクドリによる鳥被害の実態とは?鳥類は冬も活動している? (qujolia.jp)

このページのトップに戻る