お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

蚊はなぜ血を吸う?スズメバチはなぜ刺してくる?COLUMN

夏になると私たちは薄着で過ごすことが増えますね。

夏の暑さで腕や足を出し素肌を露出する機会が多いことで、夏の害虫に狙われることも多いのが私たちを襲い刺してくる蚊やスズメバチ…!!

刺さないけれど大量発生するハエやゴキブリも衛生害虫として有名ですね。

害虫による被害で、毎年様々な場面で大変な思いをされているお宅も多いのでは…。

 

住宅や飲食店、倉庫や庭先で起こる被害の予防として、今から備えておくのも大切です!

夏が過ぎた秋ごろにも蚊が発生しやすくなります。私たちの身近に迫って刺してくる今の時期に多い蚊や蜂についてご紹介します。

攻撃性の高いスズメバチ!!

とにかく夏から秋口にかけて被害件数が急増するのは強敵スズメバチ!!

スズメバチのなかでも凶暴とも言われるオオスズメバチ!!キイロスズメバチ!!

毎年各地でも蜂による被害が最も多い時期は9月~10月頃です。

本当に危険な害虫です。夏前から活動をする女王バチが、働きバチを増やしていきます。

9月頃からがスズメバチの巣が完成され多くの働きバチが活発になります。

巣はみるみるうちに大きくなり、周囲を頻繁に飛ぶハチを発見して慌ててしまうのがこの時期でもあります。

単独で飛んでいることもありますね。

ただ近くを通行しただけで襲ってくる気性の荒いキロスズメバチやアシナガバチ。

オオスズメバチはそれを上回るほどの攻撃性で、他のハチをも襲うほどです。

それらのハチが近づいてきて、払いのけたりする行動でさえ、蜂は攻撃されたと認識し、巣の近くではフェロモンを出して近くの仲間を呼び一斉に攻撃し襲ってくるのがスズメバチの恐ろしさで、大変危険です。

お家の周りで頻繁に飛んでいる姿を見かけたら近くに巣がある可能性が高いので注意が必要です。

夏がくる前、スズメバチが増加する前に巣の撤去、女王バチの活動を抑え込む必要があります。

できれば巣を早期に見つけ出したいものですが、家屋の隙間や屋根などの高所では発見しづらい場合もあります。

巣を探し出す前にどのあたりで頻繁に飛んでいるか、ハチの活動を見かけたら、巣がある可能性が高いので、その時点で巣を見つけてもらうのが安全です。

ご自身で見つけ出す際には、危険が伴います。早い段階でプロに撤去してもらいましょう。

 

巣の確認には注意して

そのままにしていると巣は大きく、ハチの数も増していきます。

万が一ハチの巣が、建物の外でなく、倉庫や建物の床下や屋根裏などに作られていた場合、普段使用しない場所などでは発見までに時間が掛かり巣がとても大きくなってしまっていることも考えられます。

カチカチと壁などから音がしたり、異変を感じた際には、ハチであることを想定した上で確認しましょう。

その確認を行う際には肌の露出を避け防護服を装着した上で行う必要があります。

危険を伴う場所である場合や危険を感じた際には無理をせずにハチかもしれない…そう感じた時点で、プロの業者に依頼することをおすすめします。

室内から天井裏を開けた際、室内に飛んで攻撃してくることもあります。

巣を守るための行動としてハチは集団になって攻撃をすることもあるので大変危険な作業です。

過去には森林を散歩中の高齢者が全身を刺され死亡した事故もあります。

ハチに遭遇した際には、速やかにその場から離れることが大切です。

刺されたことによりアナフィラキシーショックを引き起こし死に至るという被害件数は毎年起きています。

ご自宅などでハチに遭遇した際には、直ちに建物内に入り避難しましょう。

むやみに近付くのは危険です。巣の撤去を行う際には準備や覚悟ができますが、迅速に、よりスピーディーに挑む必要があります。

慌てふためくことなくそのような作業を行えるのは経験や知識のある方たちです。

駆除専門のプロにお願いするのが何より安全です。ハチの巣、ハチの行動に気が付いたらハチ駆除屋さんに問合せてみましょう。

蚊が大発生する季節

蚊は初夏になると気温の上昇と共に大量に発生します。雨上がりの外ではよくみかけ寄ってくる蚊は人や動物の血を吸いにくる厄介な害虫です。

夏場や秋口にも発生数が増え、外を歩いていると必ずと言っていいほど刺してくる蚊の退治に葛藤した経験は皆さんありますね。屋外にいることの多い蚊ですが、お家の縁側などで蚊取り線香など昔から使用され、今では虫よけスプレーなどがたくさん市販されていますね。便利な蚊よけ対策グッズで予防しているご家庭も多いですね。日本には分かっているだけで約130種類ほどの蚊が生息していると言います。中には冬場でも暖かい日に発生する種類もあります。代表的な蚊は、家の周りや屋内に現れるアカイエ蚊や雑木林などに生息しているヤブ蚊など分類されています。お家のお庭に発生しやすい原因として草木が多く、雨水や湿気のある環境ではどこでも生息しているため、網戸や防虫網で侵入を防いでいても森林や植物があるお家の周りや床下に大量に飛んでいることもあります。蚊は人間やペットが放つ二酸化炭素や匂い、熱や蒸気などに反応して寄って来ます。吸血するのはメスだけです。

イエ蚊は活発に吸血する時間帯は、早朝や日没後の1~2時間とも言いますが、一匹に対しての活動時間で、空腹な蚊が多くいれば関係ないほど刺されてしまう人もいますね。昼間に吸血するヤブ蚊は木陰などに隠れ、人が近づくと追いかけるようにして飛んできて吸血します。追い払っても離れないのがこのタイプですね。夜間に活動し吸血する種類も夕方には飛び立ち人や動物を狙います。満腹になるまで吸血すると体が重くなり、近くの壁や植物に止まって休息し、翌朝には普通に飛び回り、およそ3日程度で排水溝や水田などに移動して産卵。種類によって水面に浮かんで産卵するタイプや水面に接した壁や湿った葉などに産み付ける種類もいます。

蚊は2~5日ほどで幼虫(ボウフラ)7~10日程度で蛹(サナギ)3日ほどで成虫となります。数ある種類によって幼虫から成虫になるのが10日ほどで増殖のスピードが速く、メスはひと夏に多くて5回ほど産卵することができ、1回の産卵で30~200個もの卵を産み約半月から一カ月程度で一生を終えます。

 

蚊の種類

日本には130種類の蚊が生息していると言われています。アカイエカ、ヒトスジシマカ、チカイエカが代表的な蚊です。アカイエカは夕方から夜にかけて活動し吸血。ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)は昼から夕方かけて吸血。ビルなどの浄化槽や地下鉄などで発生し、吸血するのがチカイエカと言います。吸血された際の症状は人によって異なりますが、痒みが生じるなどの症状は類似しています。

 

屋内の蚊の駆除対策

蚊の侵入を防ぐために網戸や防虫網を設けて空調機を使用し、なるべく窓を開けないこと。とは言っても難しいですね。網戸に虫来ないスプレーや玄関ドアにも虫よけフック型のものなど活用しているご家庭も増えています。効き目効果成分が期限が生じます。30日間効果などと明記された製品の使用方法に従って使用しましょう。

なかには設置したのにも関わらず、設置場所を避けて低い場所から侵入したり、ふわっと侵入されてしまうこともありますね。外の風などが原因で一定の殺虫効果を維持させることが難しいため、工夫しながら活用しましょう。

 

蚊がこないようにするには?

蚊をよせつけないためのアイテムとして蚊取り線香電子蚊とり器なども、長年活用され蚊取り線香にもアロマなどの香りを使ったものや昔ながらの線香の香りで夏らしさを感じる方もいらっしゃいますね。お家の中や屋外でも身近に寄せ付けない効き目を発揮させるアイテムとして代表的な製品や、コンセントに挿すタイプから電池やUSB電源式というお部屋に応じて使用しやすいタイプの製品も増えました。他にはスプレー式の寄せ付けないタイプの製品も多く活用されています。

屋内に侵入させないためのグッズは数多く市販されていますが、そもそも蚊が頻繁に侵入してくる理由として上げられるのが、お家の周りの水たまりや、湿気の多い空間であったり、森林や水田が近くにある環境では蚊が発生しやすいと言います。住宅では繁殖させないためにお庭のお手入れも大切ですね。蚊は水のある場所で卵を産み付けるため、蚊の種類によって綺麗な水を好むタイプや汚い水を好むタイプ、バケツのため水や空き缶などのわずかな水、床下、下水溝や浄化槽など、あらゆる場所繁殖を行うため、なるべくお庭のお手入れを心がけることで屋内に侵入される被害を緩和させましょう。

蚊はなぜ刺すの?

そもそもなぜ蚊は私たちを狙うように刺してくるのでしょう。蚊は普段、花の蜜などを吸って生活しています。メスだけが、産卵のために栄養源を求め吸血すると言われています。オスは吸血しないとのことです。人が出す炭酸ガス、皮膚のニオイや温度を感知させ吸血源を求めると言いますが、蚊に刺されやすい人、刺されにくい人について、原因追及した小学生が話題にもなりましたが、足のニオイが関係しているのではないかと言われていますね。足を消毒すると刺されにくくなるとも聞きますが実際はどうなのか、試してみる価値があるかもしれませんね。

蚊は糖分をエネルギー源として活動しています。ジュースやお酒の空き缶などに集まるのもその理由からだと言えます。蚊に刺されると痒みが生じるのは皆さんもご承知ですよね。人によってあまり刺されない人や、頻繁に刺される人、それらの原因はニオイや体質によって違うようだと言いまが、吸血の際には蚊の唾液を注入するため、この唾液によってアレルギー反応で痒みや腫れなど生じます。体内に入った異物を排除する反応でアレルギー反応「ヒスタミン」物質が分泌され、痒みや赤み、腫れなどの症状が起こるのです。蚊の唾液成分には麻酔作用や血を吸いやすくするための作用があることで、刺されてすぐにかゆみを感じるより、気が付かない間に刺され、しばらくしてからかゆみなどの症状が起こると言います。

そのかゆみを掻きむしる行為はダメ?

時間が経てば経つほどしつこいかゆみを感じイライラしたり、引っかいてしまいがちですね。爪で刺された箇所にバッテンの跡を付けると痒みは緩和すると言います。実際に試してみると、確かにその時は緩和された気がしますが、再び痒みが生じたり、炎症したようになった経験があります。その掻いてしまったあとのかゆみ止めが染みてしまう経験された方は多いのではないでしょうか?掻きむしってしまうほどのしつこい痒みにはどうしたら良いのか…個人的には、塗り薬などがない場合、冷水や氷、保冷剤などを当てて腫れやかゆみを麻痺させたりします。引っかくよりいいのかな?と思いますが、実際はどうなのかを皮膚科医にお尋ねしました。

 

かゆみを止めたい!

小さいお子様にも多い、蚊に刺され掻きむしってしまうことで傷ができ、そこに細菌が入り、かゆみや赤みを伴う水ぶくれや化膿してしまったり、とびひになってしまうケースが多いと言います。特に夏の暑さで汗をかいていたりすると、多くの雑菌なども影響します。(汗疹などの痒み)冷やす効果は炎症を抑えるためにも良いといいます。アレルギー反応による皮膚の炎症を緩和させ、掻きむしらないための方法として応急処置のひとつとして安全でしょう。「ステロイド外用薬」を塗布してから冷却させるのが良いといいます。

 

蚊の感染症とは?

ただの蚊と言っても吸血する蚊には危険が隣り合わせ…

蚊が媒介する感染症として、日本脳炎やデング熱は広く知られていますが、ペットの病気としてフィラリアやマラリア、デング熱やジカ熱などは海外でも知られています。国内では2014年に約60年ぶりに国内感染が確認されたデング熱の発生が各地で起こり、社会問題となりました。蚊の種類によって媒介される病原体や感染症は様々です。人や動物の血を吸い、また新たに吸血する…感染予防として大切なのは、蚊に刺されないようにすることです。未知な感染症が今後も発生する可能性は0ではありません。そのため、日頃から虫よけスプレーなどを使用し、外出先でも注意するように心がけましょう。

 

まとめ

私たちを襲うスズメバチは蚊と比べたら危険度は大きく違い、攻撃的でとても危険な毒バチです。自身で行う駆除、退治するのは大変危険を伴うため、発見した際には速やかに駆除業者にお願いしましょう。の被害についてお家では、家の周りの水たまりなどをなくすように溝などの清掃をも心掛けましょう。少しの水場があれば、蚊はそこで孵化し繁殖していきます。家庭内において侵入防止させるための虫よけなどの薬品で対策を取るほかに、薬剤を噴霧させる方法などもあります。室内に大量発生してしまう原因を突き止めて対策を取るようにしましょう。夏は様々な害虫たちが活発に活動しだします。

市販の薬剤で効果を得られずお困りでしたら、クジョリアにお任せください。

 

このページのトップに戻る