害鳥駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

千葉県松戸市のビルのハト駆除

施工事例:害鳥駆除
千葉県松戸市のビルのハト駆除:施工前施工前
千葉県松戸市のビルのハト駆除:施工後施工後

千葉県松戸市のハト駆除

松戸市内のビルでのハト被害でお困りとのご依頼で現地へお伺いしました。

現場では、ハトは留守中。

ハトがいないことを確認の上、作業を始めます。

 

こちらの現場では、フン清掃と飛来防止ネットの設置を行いました。

 

建物のボイラー室近くの狭い空間は、普段人の出入りのない場所です。

地上からハトの出入りを頻繁に目撃され、現場を覗くと、大量のフンに驚かれたようです。

 

このような建物の空間は、雨風しのげることでハトにとって、とても快適な空間です。

クジョリアでは、経験や知識を学び得たスタッフが丁寧かつ迅速に作業を行いました。

 

ネットの設置では、四隅に特殊の施工を行い、隙間なく網を固定させ侵入を防ぎます。

 

現場は、以前からハトに侵入され、飛来防止ネットが設置されていましたが、

残念なことにネットのゆがみや剥がれが生じ、ハトが出入りをしていました。

パイプや配管に触れると多少の熱を感じ、わずかな熱気があることで寒さをしのぐこともできたようです。

 

飛来防止ネットは、設置方法によって、このように隙間ができやすくなってしまったり、

繰り返しハトが体当たりをして剥がれやすくなってしまうこともあります。

そのため剝がれにくい加工が重要です。

 

フン清掃では、大まかなフンを速やかに回収し、こびりついてしまったフンなどもブラシやほうきなどで取り除きます。

壁などに付着した糞尿は、ブラシを濡らしながら磨き落としていきます。

最後には、殺菌消毒を行い、作業完了となります。

 

ハトの被害は各地で発生しています。

今回のように人の出入りのない空間など、発見に遅れが生じると、糞尿被害は更に大きくなってしまいます。

今回は、ヒナや卵がない状態でしたが、以前に産卵した卵の殻を確認しました。

 

ヒナや卵がある場合では、鳥獣保護法によって

許可なく勝手に捕獲や殺処分などは原則禁止されています。

 

ヒナや卵がある状態を確認した場合、やむを得ず捕獲する場合には、

役所などで「許可申請」が必要となります。

 

一般的なハト駆除では、

ハトを直接傷つけることなく追い出し、巣立った後のハトの駆除が適しています。

 

被害の状況など、適切なアドバイスと共に、

ハト被害に悩むお客様のご相談を受け付けております。

 

駆除にお困りの方は、

お気軽にお問い合わせください。

 

ハト駆除|千葉・東京・茨城の害鳥駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

 

鳩のフンは危険?!糞清掃の注意とハトから感染する病気・健康問題とは? (qujolia.jp)

このページのトップに戻る