これってフン?あなたのお家にいるかも?糞の痕跡、害虫にも注意!!|千葉・東京・茨城で害虫や害獣、害鳥の駆除や防除、対策のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

これってフン?あなたのお家にいるかも?糞の痕跡、害虫にも注意!!

お部屋のお掃除を行っていると…

 

キッチンや棚の裏、押し入れやお部屋の隙間などに黒い粒のようなものを発見…!

 

なんだこれ?

 

これってフン…?

 

そんな経験ありませんか?

 

まぁいいか…と

気にせずにいる方…ちょっと待った!

 

それはもしかしたら…

家屋に潜む

害虫類やネズミたちの糞かもしれません!

 

そんなものとは知らずに

うっかり触れてしまったり

知らず知らずのうちに

掃除機で吸い取っていることも…。

 

家屋に潜む、痕跡を見落とさず

残したその糞の正体を知ろう!

もしかしてこれって糞?!

建物内に侵入し

痕跡を残していくもの…

 

そのひとつが糞!

 

姿を目にしていなくても

室内のあちこちで発見したり

 

壁との隙間にも落ちてる…。

 

掃除機で吸い取ってしまえる大きさでも

 

何かの糞だとしたら

衛生面に注意が必要です!

 

吸引した掃除機内部も

糞から湧いた病原菌やウイルスが…!

 

速やかに掃除機の紙パックや吸引したゴミを処分しましょう。

 

害虫生物の種類によって

糞と卵と見分けのつかないものもあるので

清掃を行う際には

拭き取りの際にも

素手で触らないよう気を付けましょう。

 

糞であるとわからずに触れてしまったら

 

速やかに手を洗いましょう!

何のフンか追及しよう

糞には多くの雑菌が含まれているため

衛生面での影響と健康にも

被害を及ぼす恐れがあります。

 

発見したら

素手を避けマスク着用するなどして

速やかに処分し原因を把握しよう。

 

糞を見つけたと言うことは…

 

何かの生物が棲みついている可能性大!!

 

糞は侵入のサインとなることも!

 

日常生活で普段使わない場所や

家具の裏など見えない場所など

 

気付かないうちに被害が起きているかも?!

 

そのままにせず原因追及することが大切です。

 

生物の糞についてとことん知りたいと思う方は少ないと思いますが、家屋に侵入している生物を発見する手掛かり!

 

糞の痕跡で行うべき対策が取れます!

 

 

これはネズミの糞!!

部屋の四隅や壁沿いなどに落ちている

細長い黒い米粒のようなもの…

 

点々と落ちている場合には

 

ネズミが棲みついている可能性大!!

 

姿は見せないネズミが

深夜人の気配のない時間帯に

現れているのかも!?

 

痕跡を残し一体どこから?と悩ます糞は

ネズミが移動しながら落としたもの。

 

主に高い場所、屋根裏などに

散らばった糞を見つけたら…

 

ハツカネズミやクマネズミ!!

 

床下や倉庫、1階付近でまとまった糞をされている場合はドブネズミの可能性が高いでしょう。

 

家屋に発生率の多い

 

・ドブネズミ

 

・クマネズミ

 

・ハツカネズミ

 

形状は米粒に似た丸みがかった細い粒。

こげ茶・灰色。

糞の大きさは身体の大きさに比例しているので、大きさや形にもそれぞれ特徴があります。

 

・ドブネズミの糞

 10~20mmほど

 (まとまった場所にしやすい)

 

・クマネズミの糞

 5~10mmほど

 (あちこちに散らばってする)

 

・ハツカネズミの糞

 4~7mmほど

 (あちこちに散らばってする)

 

ネズミの生息している環境下、建物の構造により徘徊する場所にも違いがありますが餌を求めて食材の多いキッチンなどに被害の痕跡を残します。

 

比較的同じ経路を使用し行動しますが、頭の良いネズミは経路を変えて行動する事もあるため糞の発見は大きな手掛かりとなります。

 

ご自身で罠をしかけて捕獲、駆除をするのには根気がいるほど難しいことも。

 

ネズミを賢く捕らえるためには建物の構造に合わせた施工で設置を行います。

 

すぐに捕まえることができたとしても侵入口となる場所をしっかりと封鎖しなければ、再び外部から侵入し、繁殖を繰り返している場合があります。

 

ネズミ駆除では、経験や知識のある専門の業者にお願いし、再度侵入されないよう生活状況での注意やアドバイスをもらうと良いでしょう。

クジョリアでは、様々な状況に合わせた施工でネズミ駆除を行います。

現地調査・お見積りも無料ですのでお気軽にご相談ください。

 

ネズミの糞と似ている生物

ネズミの糞は米粒に似た丸みがかった

細長い粒とお話しましたが

実は家屋の屋根裏などに侵入する

コウモリ(アブラコウモリ)の糞と似ています。

 

ただしコウモリはネズミのように室内のあちこちに落としていくことはできません。

コウモリは外の隙間から

主に屋根裏などに侵入し

ねぐらとなる場所に留まり大量の糞をします。

 

糞には多くの雑菌・病原菌が含まれているため

健康面への影響ダニ発生にも繋がります。

 

主食は主に昆虫類なので

崩れやすく舞ってしまう場合があるため

十分に気を付けながら清掃を行う必要があります。

 

放置しているとダニは天井から室内にまで広がり二次被害を及ぼします。

 

コウモリが出入りしているだけとは思わずに

その天井裏には思いがけないほどの糞が存在しているかもしれませんので、コウモリが侵入している場合には速やかに駆除を行いましょう。

 

クジョリアでは、コウモリ駆除作業で糞の清掃・消毒も行っております。

更に小さい糞の正体は…

キッチン・シンク周りで発見!

害虫の代表とも言えるゴキブリの糞!!

 

ゴキブリの糞は小さなゴミと

見間違えるほどの大きさです。

気づかないで掃除機で吸っていることがほとんどかもしれません。

 

あの大きなクロゴキブリのほとんどは外からの侵入です。

何らかの理由により侵入され

卵を産み付けていく…

気付かない間に繁殖し、小さなゴキブリ達が成長していきます。

 

ゴキブリの糞はフェロモンを発散して仲間を呼び寄せるとも言われています。

 

あまり表には出て来ない小さいゴキブリにはなかなか気づきにくいもの…。

 

とても厄介なゴキブリは

新聞紙や段ボールがある場所やキッチン周辺や食器棚などあらゆる場所に糞をします。

 

チャバネゴキブリは主に飲食店などに発生し繁殖します。

一般家庭より被害が大きく発生します。

 

糞で汚染された食材や食器を使用し

食中毒などを起こす場合があるため、十分な注意が必要になります。

 

・クロゴキブリの糞

 2~2.5㎜ほど

 (臭いはなく小さな黒いゴマ粒形)

 

・チャバネゴキブリの糞

 1.0㎜ほど

 (目視では発見しにくい黒茶色など)

 

肉眼で発見できない身近なダニ

ソファーベッドやじゅうたん、畳…

お布団などの人の肌に触れる

布繊維の多い場所に発生する

 

ダニとその糞!

 

ダニを肉眼で発見するのはとても困難…。

ダニの被害は皮膚に発疹や痒みが起きたり

アレルギーや鼻炎症状などで気が付くことが多いと思います。

 

ダニの大きさは種類によって異なりますが

主に屋内に生息する代表的なダニ類は

 

チリダニ・ツメダニ

イエダニ・コナダニ

ホコリダニ などです。

 

ダニは約0.3~1㎜程度

糞は0.01㎜程度

 

非常に小さく布団や畳、ホコリや繊維に紛れ込んでいるため、肉眼で見つけるのは困難です。

 

お布団には大量のダニ・死骸・糞があると思って間違いないと言えます。

 

ダニの死骸やその糞によって

アレルギー症状を引き起こしてしまう方が多くいらっしゃいます。

 

小さなダニや糞は発見しにくいですが

布団の日光干し・掃除機がけ・畳やじゅうたん、床など日頃からこまめに清掃を行うことが大切です。

 

梅雨の時期など

乾燥機やスチームアイロンで熱処理。

 

ダニを死滅させてから掃除機を使用する方もいらっしゃいます。

 

吸血するダニにも要注意!

 

お家の中で発生し人を刺すのはツメダニ!

 

吸血するダニはイエダニ!

 

イエダニはネズミに寄生し室内で繁殖します。

 

屋外で生息するマダニも吸血します。

 

マダニはダニの中でも大きく

吸血前は2~3㎜。

 

吸血後は3~4倍まで大きくなり

肉眼でみえる大きさです。

 

※吸血ダニに関連して

ノミは主にペットなどの動物に寄生。

 

お散歩の際、外からペットに付いて持ち帰ってきてしまうこともあります。

 

ノミも肉眼で見えるほどの2~3㎜ですが素早い動きで動物の毛の間を逃げ回るのが特徴です。

 

犬猫の体に卵を産み付けますが卵が落下し、じゅうたんや畳などの場所で孵化することもあり人も吸血します。

お部屋の壁にカビ?シミ?

気付くとお家の壁紙や家具の裏や隙間などに点々としたカビ?とも思えるシミを見つけたら、それはトコジラミの糞!!

 

同じ場所に黒・茶・赤茶と疎らな色のシミは…糞なのです!

トコジラミは吸血するため、糞は他とは違い赤茶色した血糞を天井やカーテン、ソファーやベッドなど至る場所に痕跡を残します。

 

就寝中などに刺されひどい痒みや発疹ができていたり、肉眼で発見した場合、それはダニではなくトコジラミの可能性大!

 

トコジラミは夜行性で日中は隠れていることが多く就寝中に吸血します。

 

トコジラミの糞は0.3~2㎜前後の点々とした丸いシミのような跡を付けます。

 

部屋中の至る場所にされるので、発見した際にはしっかりと拭き取り消毒しましょう。

 

トコジラミは隠れ上手です。

被害が広範囲に広がってしまうと健康被害に大きく影響してしまうため、早めの駆除対策をおすすめします。

 

 

まとめ 糞には多くの雑菌・病原菌

こちらでご紹介したのは身近に潜む生物の汚染物である糞について…。

更には糞だけでなく目には見えにくいダニについてご紹介しました。

 

家の中には室内、天井裏や床下にまで

知らぬ間に潜む害虫生物がいます。

 

様々な生物の糞からは多くの雑菌・病原菌が含まれている小さいお子様が口にしてしまわないよう十分に注意しましょう。

 

体質によってアレルギー症状や感染症を引き起こす場合があるのでこまめなお掃除と糞の早期発見が大切です。

 

また、ダニの発生は、ネズミやコウモリ、獣などの害獣が天井裏に潜んでいる可能性があります。

 

鳥の巣からもダニが発生し室内に侵入してしまう事例も起きています。

 

糞の存在だけでなくダニの発生などお家の中で異変が起きているサインかもしれません。

 

糞を発見したけど犯人となる生物を見つけられない!!

ダニが異常に発生しているけど原因は何?

何かいるのかも…と感じたら早めに対策を取りましょう。

 

そんな方のためにクジョリアではいち早く対応できるよう迅速に対応させていただきます!

 

お気軽にご相談ください。

 

ネズミ駆除|千葉・東京・茨城の害獣駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

コウモリ駆除|千葉・東京・茨城の害獣駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

千葉・東京・茨城の害虫駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

このページのトップに戻る