害獣駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

東京都江戸川区のA様のネズミ駆除

施工事例:害獣駆除
東京都江戸川区のA様のネズミ駆除:施工前施工前
東京都江戸川区のA様のネズミ駆除:施工後施工後

今回アパートで発生するネズミ駆除を行いました。アパートなどの建物は複雑な構造をしていますが、ネズミにとって最適な場所となります。外のメーターボックスのわずかな隙間でも侵入できるため配線の通路を使って天井裏や壁を伝って移動します。

現場の天井裏には多くの糞尿の痕跡があり、必ず通るであろうと思われる箇所に粘着シートを設置していきます。強力な粘着シートを使用することで死骸から発生するダニや寄生虫が発生した際の二次被害予防にもなります。ネズミに毒餌を与えてもきちんと死骸を処分しなければダニなどの大発生で二次被害が起こる可能性があるのです。

 

そんな二次被害が起こることを避けるためにもこの粘着シートを使用してネズミを捕らえ駆除していきます。多くの建物で発生するネズミは、外からの侵入が原因です。古い建物やネズミが通り抜けられる隙間というのは数多く存在しています。被害状況に合わせた施工、侵入口の封鎖には、防鼠剤パンチングメタル、亀甲金網、防鼠コーティング剤などの資材を使用し忌避効果を活かしながら隙間を塞いでいきます。

 

ネズミはとても利口で警戒心も強いため、様々な施工で経過観察を行いながらネズミの駆除を行っていきます。

アパートなどの集合住宅では、1階から2階、3階と構造によっては、器用に壁を登いながら移動します。各お部屋の被害状況を確認しながら入居者お一人おひとりのご協力を頂き建物全体のネズミ追い出し、捕獲駆除を進めていきます。ネズミの糞尿、かじられた跡や、ネズミのラットサインなどを見つけ、推測しながら痕跡を辿ります。

パートなどでは、お一人暮らしの入居者様が多い建物も多く、日中は留守であったり、深夜は就寝中であったり、比較的静かな環境であるため、ネズミ達も活動しやすいのかもしれません。就寝中に壁や天井から物音や留守中に侵入さイタズラされていたり、侵入に気付かず遭遇して驚かれたりと、各お部屋で発生すると被害は深刻なものになります。

室内環境によってはネズミにとって居心地の良い場所となります。被害が大きくなっていくと食材だけでなく、衣類や家具、大切なものまでボロボロに咬みちぎったりしていくため、徹底的に駆除を行う必要があります。ネズミが電気コードを咬みちぎって感電してしまったり、一歩間違えると漏電火災を起こしてしまう危険があるので、ネズミの被害に気付いたら早めの対策を行うことをおすすめします。

 

一年中活動しているハツカネズミ・クマネズミ・ドブネズミいわゆる家ネズミ。子ネズミなども親指程度のわずかな隙間さえ通り抜けて侵入してきます。

ネズミの被害はこれから寒くなってくると寒さをしのぐために侵入してくる被害が増加していきます。暖房器具を使用すること、空気が乾燥していると火災を起こす危険が高まります。ネズミの姿を目撃していなくても糞尿の痕跡や壁などかじられたような跡や物音などの異変に気付いたら被害が大きくなる前に駆除を行いましょう。

 

クジョリアは、経験や知識を活かしながらネズミ退治のピンチヒッターとして活動しています!

住宅や店舗などで発生したネズミ被害にお困りのお客様のお悩みに迅速に対応いたします!

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

このページのトップに戻る