害獣駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

東京都豊島区のK様のネズミ駆除

施工事例:害獣駆除
東京都豊島区のK様のネズミ駆除:施工前施工前
東京都豊島区のK様のネズミ駆除:施工後施工後

豊島区池袋ビル内で発生したネズミ駆除の現場です。都内の相次いでネズミ被害が起きています。

ネズミを捕らえるためのトラップ、粘着シートを仕掛け、いくつものネズミを捕獲しました。

 

目を覆いたくなる光景ではありますが、都内だけでなく各地の家屋などにも侵入するネズミは様々な病気の原因となります。ネズミが媒介する危険な病原体によって、食中毒となるサルモネラ菌や、E型肝炎、咬まれることで感染する鼠咬症、糞尿排泄物などから感染するウイルスなど多くの菌を保有するネズミは飲食店や食品を扱う店舗では大きな被害を引き起こす恐れがあります。

 

衛生管理法によって厳しい処罰を引き起こす危険のある害虫と害獣。ネズミは健康被害を引き起こすだけでなく、ビルや一般家庭の壁と壁の隙間を利用しながら屋根裏などに住み着き、断熱材や木材などあらゆる物を食いちぎったり、電気コードを咬みちぎって火災に繋がることもある危険な害獣となります。

思いもよらない隙間から侵入して受変電設備の中に侵入したネズミが感電してショートが起こり建物が停電した事例や、通信ケーブルがかじられインターネットや電話の通信が断たれたり、ガス管をかじりガス漏れが起きてしまう事故なども起きています。

 

また、繫殖力の高いネズミは一匹見つけ捕獲成功できても他にもまだ潜んでいる可能性が大いにあります。頭が良く警戒心の強いネズミは異変を感じると個人での駆除は困難になります。店舗や家屋であっても、私たち人間の通らない場所をルートとして壁の中を通過したり、狭い場所を上手に使いこなしながら活動しています。

そのためネズミの姿は見ないけど壁から物音がするなど、衛生面だけでなく経済面や精神面、健康面でも大きな被害を与えます。

 

一般家庭では深夜に壁や天井から物音がしたり、朝には糞があちこちに落ちていたりと、不快や不安を抱える方もいらっしゃいます。

そんなネズミをそのままにしていると手に負えないほどの繫殖力で糞尿被害、ダニや寄生虫の発生による二次被害をも引き起こしていきます。

残酷ではありますが、他の害獣とは異なりネズミの駆除では捕獲、殺処分は許可を取らずに行う事ができます。

 

建物の構造や被害の状況などによって駆除の施工などは異なりますが、侵入口の封鎖、追い出し追い払い、捕獲を含め経過観察を行いながら、ネズミ被害が一日も早く解決できるよう経験を活かしながら駆除を行っております。

 

ネズミは一年を通して活動します。地域の環境によって発生率は異なりますが、食材を求め、冬には寒さを凌ぐために侵入してきます。早めの対策で被害を最小限に抑えることができますのでネズミ駆除にお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

 

このページのトップに戻る