お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

不気味なコウモリがやってくる!コウモリの危険COLUMN

 

春から秋にかけて夕暮れになると目撃することの多いコウモリ
コウモリは11月頃から3月頃まで冬眠し、春頃から活動を始め夏が近づくにつれ繁殖します。

 

コウモリの特徴

コウモリは鳥のように翼に羽が生えている訳ではなく、飛膜という薄い膜を広げて飛びます。

冬眠前に交尾をし春頃から出産するのが一般的ですが、年々時期が遅れることも…

4~7月頃にかけて一度に2~3匹出産。7~8月頃に子育て。8~10月頃繁殖。11~3月頃に冬眠…。

子どもは生後1カ月ほどで飛べるようになります。
コウモリと言ったら洞窟や洞穴にいるイメージが強いですが家屋などに巣を作るコウモリはアブラコウモリと言って東京都心でも目撃されている不気味な生物です。

家屋に住み着くアブラコウモリは蚊やユスリカなどの小さな昆虫類を食べます。

寿命は3~5年ほど。

夜行性のコウモリは暗い時間帯に餌となる昆虫類がいる街灯や水辺や田畑などで飛んでいることが多いです。

住処も暗い場所を好み温暖化が進み、夏も冬も過ごしやすい人家に住み着き繁殖。増加し続けていると考えられます。

コウモリは住宅街の人家の天井裏、外壁の隙間など1.5㎝ほどの隙間があれば侵入できてしまいます。

こんなところから?と驚くほどの小さな隙間からも入り込み巣を作ります。帰巣本能が働き元居た巣に戻る習性があります。

?殖力が高く群れで行動するため、巣には多くのコウモリが出入りすることも…そのためあらゆる被害が起きています。

その飛膜には皮膜と繋がっている爪があります。親指部分がカギ爪になっており体を休め、ぶら下がる際にその親指が使われています。

基本的に立ち上がったりはできず、いつもぶら下がっていますが親指のカギ爪を器用に使って移動することも。

出産の時などは頭を起こして産むそうです。

ここではアブラコウモリ(イエコウモリ)についてご紹介させていただきます。

 

 

コウモリの糞には多くの病原菌が!

攻撃性はなく人を襲うような被害はなくてもコウモリによる糞被害で私たちの暮らしに様々な影響を与えるコウモリ。

夜行性のコウモリは日中は大人しくじっとしていることが多く、家屋に巣を作られた場合、その巣となる場所で毎回糞をする習性があります。

屋根裏などに侵入し、一度糞をされてしまうと繰り返し同じ場所で糞をするため、糞臭による被害が多く寄せられています。

気付かずそのままにしているとコウモリの数も増えるだけでなく天井裏などからダニやノミが繁殖していきます。

壁つたいから降りてきて布団やカーペットなどにダニやノミが増加しているようであれば、コウモリなどの害獣が原因かもしれません。

コウモリの糞には多くの病原菌が含まれているため、天井が染みてきたり、糞が乾燥し、風で舞うたびに室内に拡散…

人体による被害、感染症などを引き起こす事例が確認されています。

コウモリ自身にも多くのダニやノミが付着しているため空飛ぶネズミ…と言えるネズミと同様の病原菌を持っています。

コウモリによる被害に気が付いた時には、素手でコウモリに触れることは危険です。

 

 

コウモリの危険性

アブラコウモリは基本的にむやみに手を出さなければ害を加えてくることはありませんが、絶対に噛まない訳ではありません

日本にはいない吸血タイプのコウモリとは種類が違うのでそこはご安心ください。

ただし先ほどご紹介したようにコウモリは多くの病原菌を持っているので、もしも噛まれた時にはしっかりと水洗いして症状によっては病院へ行くことをおすすめします。

海外では狂犬病による死亡原因のうちコウモリによる感染確認ができたと言われています。

日本ではコウモリによる感染報告はされていないのが幸い…ではありますが、今後、狂犬病ウィルスが輸入される可能性がないとは言い切れません。

狂犬病だけでなく寄生虫などの感染症に十分な注意を払っていく必要があります。

 

日本で犬を飼われる際、必ず狂犬病の予防接種を行うよう法律で定められているため、狂犬病の広がりは減っていますが、

狂犬病は人間に移ると死に至ることもある恐ろしい病原菌。

野生のコウモリにはその狂犬病に掛かるリスクが少なからずあることを覚えておきましょう。

他にもカビやダニが原因でアレルギー症状を引き起こす場合もあるため、乾燥した糞の清掃の際にも注意が必要です。

家庭用の掃除機で吸い取ることで余計にまき散らしてしまう場合があるので十分に気をつけましょう。

 

 

 

 

コウモリの捕獲・駆除

コウモリによる被害が増加しているなかで「今すぐ捕まえたい」「すぐに駆除を…」とご希望される方がほとんどですが、コウモリの駆除には時期が大きく関係しています。

そして捕獲や駆除に関しては法律に守られているためとても難しい問題になります。

コウモリの捕獲に関しては「鳥獣保護管理法」により、許可なく捕獲や駆除を行うことを禁じられているのです。

捕まえて駆除すること処分や飼育することは違反になり、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられます。

万が一、ケガをしたコウモリを保護した場合などは各自治体にご相談した上で一時的な許可が認められます。

家屋や室内に侵入した際は捕まえることではなく、傷つけることなく追い出すことが一番の対応と言えます。

各駆除屋さんでは追い出しや侵入を塞ぐ作業で被害対策を行っています。

 

そしてコウモリは初夏に出産するので、その前の春には駆除をするべきと言えます。

タイミングを逃してしまうと、まだ飛ぶことのできない子供がいる7~8月頃

11~3月頃の冬眠中はコウモリが動かないため律に基づいた駆除作業は困難になります。

コウモリは4~10月頃に活動するので、コウモリ駆除に最適な時期は、春もしくは冬眠前の秋がベストです!

適した時期でない時に、飛来しているコウモリの親だけ駆除しても、巣や家屋の中に子どもが残ってしまったり、外に餌を探しに出ている隙に侵入口を塞いでしまうと巣に残された子どもは餓死し、気付かない間にダニやノミが繁殖し更なる二次被害を引き起こすことも…

駆除に適した時期というのは非常に重要になります。

 

 

自分でもできる駆除方法

 

本来、コウモリの行動や知識のある専門の業者に依頼するのが適していますが、市販のグッズでなんとか食い止めたい!そんな方へ朗報!

自分でコウモリの巣となる屋根裏などに立ち向かう場合、そこはコウモリの糞やダニやノミなどが発生していることが考えられます。

夜行性であるため、日中の駆除作業では親コウモリが潜んでいる場合があるので、マスクや手袋、目を守るためにゴーグルを付けると安全です。

汚れても可能な服装で完全防備が大切です。

コウモリを追い出すにはホームセンターなどで売られている忌避剤が効果的です。

 

スプレー式の忌避剤

忌避剤にはコウモリの苦手とするハッカ油が含まれています。強烈な臭いなので製品ごとによって定められた用量を守って使用しましょう。

外壁/戸袋などの隙間/換気口/通気口などの狭い空間では忌避スプレーが使いやすいです。

 

煙状の忌避剤

燻煙の忌避剤はスプレー式と同様、コウモリの苦手なハッカ油が含まれた置き方のタイプです。

屋根裏や天井裏など棲みついてしまった場所に設置することで広い空間に充満してくれます。

 

侵入口を塞ぐ方法

追い出しができたら侵入口となる隙間を完璧に封鎖しなければなりません。

狭い場所になると作業困難で見落としてしまい、再び侵入してきてしまうケースがあるので慎重に行う必要があります。

塞ぐために必要となるのは、目の細かい金網シーリング材を用意すると良いでしょう。

金網は場所に応じてカットし、隙間ができないようしっかりと固定するように設置しましょう。

 

シーリング材は合成樹脂、合成ゴム製のペースト状の材料でコーキング材とも言われる外装材です。

外壁/戸袋などの隙間/天井裏や屋根裏に通じる隙間に埋め込むことで侵入を塞ぐことができます。

 

多くの対策グッズが販売されていますが、時間や手間をかけて駆除できたと思っても「また出てきてしまう…せっかく対策したのに…」などといったお悩み、ご相談が多く寄せられています。断念されご依頼いただくことが多いのが現状です。

色々な対策を練って用意した材料費用も無駄になってしまい、余計に費用が加算してしまうほど困難…なかなか手ごわい駆除作業になります。

プロにお願いすることが一番効率的ですが、ご自分で駆除を行う場合、駆除に適した時期を理解した上で方法を選ぶことが大切です。

 

 

まとめ

春先になると続々とコウモリが冬眠から目を覚まし活動し始めます。

ご自宅付近などで目撃することが増えてきます。

新しい住宅であってもコウモリは身を守るために隙間を見つけて侵入してきます。

被害が大きくなる前に対策を取ることをおすすめします。

春が近づくにつれコウモリ問わず、ハチやムカデ…あらゆる害虫・害獣・害鳥による被害が増えてきます。

大切なご自宅や生活に支障が出ないような対策をクジョリアでは、全力でサポートさせていただきます。

お困りの際は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップに戻る