害虫駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

東京都江戸川区のk様の害虫ゴキブリ駆除

施工事例:害虫駆除
東京都江戸川区のk様の害虫ゴキブリ駆除:施工前施工前
東京都江戸川区のk様の害虫ゴキブリ駆除:施工後施工後

店舗内、厨房のゴキブリ駆除の現場にお伺いしました。

定期的な管理を行いゴキブリの被害は軽減していても油断は禁物!

配管の隙間から発生してしまう恐れがあるため、薬剤散布を行い被害を抑えるべく隙間を塞ぐことで防除することができます。

 

同様の店舗が並んでいたり、建物の構造によっては配管などが繋がっているため、侵入を防ぐには定期的な予防対策を行うことも大切ですね。

特に飲食店や食品を扱う空間では、電化製品などが揃い、冷蔵庫や様々な機械の裏は電気の熱で暖かい空間ができやすくなります。

暗く湿った空間、食べかすなど餌となる物があれば、一年中生息できてしまいます。

排水口などから出てくることも多いのでキッチンやトイレなどの水回りはいつも清潔に保つようにしましょう。

 

ダンボールなどはゴキブリにとって大好きな場所です。夏のゴキブリのように素早い動きでウロウロするよりも、寒さが影響してジッとしていることが多くなる時期なので、荷物を移動した際に現れ驚いてしまうこともありますね。

 

店内で発生するチャバネゴキブリは、比較的狭い範囲で群れで活動します。

特に寒さに弱いチャバネゴキブリは一定の場所に留まり、暖かく暖房設備の整った空間に身を潜めています。

秋~冬は、夏程活発的ではなくなり、活動は鈍くなりますが、多少の寒さには強いクロゴキブリもいます。

時には黒光りした成虫のクロゴキブリではなく、黒く小さな子どもが発生することもあります。

卵を産み付け、越冬し、翌春に孵化することもあり得るため、ダンボールや新聞紙などの束など溜め込まないようにすることも予防対策のひとつです。

食品などは密封容器などに入れるなど管理方法にも十分に注意しましょう。

 

食品を提供されるお店などに発生しやすいゴキブリ被害。

店内の食品衛生管理、日頃から十分な清掃、消毒などを行うよう心掛けましょう。

夏の時期のような活発な活動が弱まる時期でも、秋~冬にかけて発生源を取り除くこと、ゴキブリ発生しないための予防対策を行うことが大切です。

駆除にお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

 

 

このページのトップに戻る