害虫駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

千葉県成田市のスズメバチの駆除

施工事例:害虫駆除
千葉県成田市のスズメバチの駆除:施工前施工前
千葉県成田市のスズメバチの駆除:施工後施工後

こちらは以前伺ったスズメバチ駆除の写真です。現場は自然豊かな地域で敷地に太陽光ソーラーパネルが広がっていました。近年増えているこのソーラーパネル裏にスズメバチの巣があり危険とのことで駆除のご依頼をいただきました。

比較的大きなものと小さな巣がパネル裏にありました。ソーラーパネルの裏はスズメバチにとって雨風が凌げるため作られやすい場所となります。

防護服を着用し殺虫スプレーや燻煙剤を使用しながらスズメバチの動きを抑え込みます。

殺虫スプレーなどを使用する際には無理に刺激して巣から出てくるハチを待ってスプレーするのでは限がないほどの働きバチが威嚇、攻撃してくるので、比較的大きな巣には1つの穴から一斉に噴射、更にはもう一ヵ所穴を開けて内部にいきわたるように殺虫スプレーを繰り返し行い動きを止めていきます。

攻撃してくる蜂、巣の中にいる蜂、女王蜂を確実に仕留めていきます。

危険なスズメバチの駆除作業は経験や知識のある慣れた方でも危険が伴う作業です。

こちらの現場は低い位置だったので、まさに目の前で蜂の巣の様子を確認することができ作業もスムーズに行う事ができました。

現場の状況によって屋根などの高所や狭い場所などでは更に危険が伴います。

ご自身で退治する方もいらっしゃいますが大変危険な行為です。比較的小さな巣では蜂の数も少ないので駆除を行いやすいと思いますが、異変を感知して戻ってくる蜂が攻撃してくる危険もあるので十分に注意しなければいけません。

蜂の巣で一番やってはいけないのは巣に石を投げたり、刺激して巣を落として割ったりは絶対にしないようにしましょう。

防護服を着ていても毒針が貫通してしまうオオスズメバチもいます。攻撃性の強いスズメバチが襲い掛かってくるので、殺虫スプレー片手に「白い服なら大丈夫」と思っていても頭や顔、露出した部分を刺されてしまったり、着衣の上からも刺されてしまう可能性があるので大変危険です!

駆除をお考えの方は専門の業者におまかせすることをおすすめします。

 

 

 

このページのトップに戻る