害獣駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

千葉県習志野市のE様のネズミ駆除

施工事例:害獣駆除
千葉県習志野市のE様のネズミ駆除:施工前施工前
千葉県習志野市のE様のネズミ駆除:施工後施工後

今回は、戸建て住宅で発生しているネズミの駆除にお伺いさせて頂きました。

 

壁や天井から物音、お部屋に落ちている糞、食材や衣類、家具、荷物までもかじられボロボロにする被害を与えるイエネズミ。

ネズミによる被害に気付き、ご自身でどうにか捕まえるために、市販のネズミ捕りグッズを設置してみても、なかなか捕まらなかったり、一匹捕まえてもまた被害が発生したり、目にするのも嫌な方が多いのがこのネズミの被害依頼で多い案件です。

 

今回ご依頼頂き、被害状況、建物の外周を調査し侵入口となる隙間や穴を見つけていきます。

ネズミの侵入口の多くは床下通気口、壁に設置された換気口、エアコンの室外機、排水ホースや配管劣化などでできてしまった隙間などからの侵入が多いのが特徴です。侵入経路を辿り、侵入口を突き止め侵入口の封鎖、ネズミを捕らえ、追い出すための施工を行っていきます。

 

ネズミの成獣2.5~3.0㎝の広さがあれば侵入可能と言われ、子ネズミ1.5㎝ほどの隙間があれば簡単に入り込んでしまいます。

建物の構造によって時には見えないような場所にも隙間はあるため、被害の状況を見ながら侵入口を突き止めていきます。

小さな隙間や配管との壁の間にマウスストップ防鼠剤、ベイト剤、亀甲金網などを使用して充填して封鎖。穴に埋め込み封鎖します。

床下通気口にはパンチングメタルで施工を行いネズミの侵入を防止させます。

 

夜行性で頭の良いネズミは、深夜になると活動し、建物内の屋根裏や断熱材をボロボロにして、ねぐらを作り住み着きます。

時には壁と壁隙間を通って、配線などが通る隙間はネズミの通路になります。

壁や柱などの木材をかじるだけでなく、配線などを誤って咬みちぎり、漏電や火災を引き起こすことにもなり兼ねないとても危険な害獣となります。

特に寒い季節などは暖房器具を使用し空気が乾燥しているため火災には十分に注意しましょう。

更には食品衛生健康被害を引き起こす原因にもなりかねないため、戸建てのお宅のみならず、ビルやマンション、飲食店、あらゆる建物でも発生する可能性があるので、食品を扱う環境では特に注意しなければなりません。

 

どこかで死骸になったネズミをそのままにしておくことも危険です。

ネズミの身体に寄生するダニやノミ、異臭が発生し、健康被害にも影響を及ぼす恐れがあるため、追い出しや、誘引剤粘着シートを設置して駆除していきます。

時には簡単に捕まったと安心していても、建物内に潜むネズミはまだ他にもいる可能性があるため、トラップを仕掛け経過観察、効果を待ちます。

繫殖力の高いネズミであるだけに、ネズミにとって居心地の良い環境を与えないことが大事です。早めの対策で駆除を行わなければ繁殖が増すばかり…。

火災などの大きな被害が起きてからでは取り返しのつかないことになり兼ねないため、一刻も早い段階で対策を取りましょう!

被害の状況や、建物の構造などにより施工方法は異なることもありますが、家ネズミ駆除の知識、経験を活かしたプロのスタッフが駆け付けます!

 

今後、秋~冬にかけても寒さをしのぐため、餌を求めて、お家やお店などに侵入されやすくなります。

忌避剤の設置や侵入口の封鎖作業、追い出しや捕獲駆除を行い、室内では衛生管理殺菌消毒や清掃、食べ物の管理には十分に気を付けましょう。

「ネズミの仕業かも?」と思っても、ご自身で警戒心の強いネズミを見つけ出すのはなかなか難しく「捕まえられない!」「捕まえたのにまた出た!」「どこを塞げばいいのか分からない!」そんな時には駆除専門のプロにお任せください!

一日でも早く安心した暮らしが送れるよう、丁寧かつ安全な施工で解決策をみつけていきます!

 

 

このページのトップに戻る