害獣駆除の施工事例|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

施工事例

千葉県成田市のT様のハクビシン駆除

施工事例:害獣駆除
千葉県成田市のT様のハクビシン駆除:施工前施工前
千葉県成田市のT様のハクビシン駆除:施工後施工後

こちらのお宅ではハクビシンが屋根裏に侵入されているとのことで駆除を行いました。

作業中ハクビシンの姿がないことを確認し、侵入口となってしまっている隙間を塞ぐ施工を行いました。

屋根裏にはこのようにハクビシンの糞尿が多くされて異臭が発生していました。糞清掃を行うと共に消毒作業を行いました。

 

ハクビシンは住み着いてしまうと屋根裏がこのようにため糞をするため、同じ場所に糞尿をするため、天井板や壁など木材にも影響が出てきます。

汚染されダニやカビなども発生してしまいます。

ハクビシンなどの獣が来なくなったと安心していても見えない屋根裏に糞尿が残されたままにしてしまうとダニが天井から壁を伝って降りてきたり、気付くとお部屋にダニが大発生してしまうことにも繋がります。

ダニの発生は健康被害にも繋がりアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあるのです。

逆に最近ダニを多く見つけたり、ダニに刺されるなどの被害が発生していたら…原因は野生動物の侵入の仕業かもしれません!

 

お住まいの地域で野生動物が出没しているなどの情報を確認しながら、ハクビシンやその他の野生動物が再び侵入できないよう、定期的に屋根や床下などの様子などチェックするのも大切ですね。

しかしご自身で建物の屋根裏を覗く点検や、入られる隙間がないかと外から見てもわからない部分も当然あります。高所での作業は足場や脚立が必要であったり、狭く暗い天井裏では、劣化などにより天井板が腐ってしまっていたり、天井が抜け落ちてしまう危険もあるため、作業を行う場合には十分に注意しなければなりません。

ご自身で点検することは危険が伴うこともあり、もう野生動物には入られていないからと、そのままにしているお宅も少なくないようです。

そのため、侵入口が開放されたままでいると翌年にはまた侵入されてしまうなどの被害も起きてしまいます。

 

今回のお宅は完全にハクビシンがねぐらとして住み着いている様子でしたが、外出中であったため、すぐに作業に取り掛かり、侵入口の封鎖を行いました。

再び戻ってくる可能性はあるので、他にも侵入口となるような隙間を調査し塞ぐ施工と糞清掃などを行いました。

 

当社クジョリアの害獣駆除作業は、建物の構造や被害の状況によって施工方法が異なる場合があるので、作業担当者が無料調査で現状確認を念入りに行い、無料で見積もりを作成させて頂きます。追加料金はございません。

万が一追加で施工を行う場合には承諾を得てからになりますのでご安心ください。

クジョリアはお客様のご希望、ご要望に合わせた施工内容をご提案させて頂きながらお見積りを作成しますのでご安心ください。

 

ハクビシンは一年を通して活動し、春、夏、秋には作物被害も多く発生しますが、寒い冬には冬眠することなく、寒さをしのぎ餌を求めて人の住む人家に忍び込んできます。季節問わずに発生するハクビシンにはむやみに近づかずに十分に注意しましょう!

このページのトップに戻る