お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫や害獣、害鳥の駆除や防除、対策のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

ひとり暮らしの虫退治!引っ越し前に準備する予防策COLUMN

【虫の苦手な方必見】

 

新生活・一人暮らし・お引越し先に潜む害虫

 

【ゴキブリ】

 

引っ越したばかりの新居で害虫悩まされている方、これから快適な新生活を送る方も必見!

 

害虫対策で虫バリアしよう!

 

大嫌いなゴキブリが家に出た!

不快・不衛生な害虫として

ゴキブリは代表的な衛生害虫ですね。

 

長く住んでいる訳でなくても、引っ越しをした新居に害虫と遭遇するのは珍しくありません。

 

引っ越して間もないのに

新生活でゴキブリの発生…

 

まさにゴキブリの恐怖体験をしたことのある方は、夜眠れなくなる経験もおありでは?

 

虫の苦手な方にとっては深刻な問題ですね。

そんな方々のためにゴキブリ退治に必要なものをご紹介します。

 

ゴキブリの特徴

ゴキブリの特徴は夜行性であること。

 

明るい時間帯よりも暗くジメジメとした環境を好み活動します。

 

就寝中やお部屋でリラックスしている時などに

黒光りした不快な虫の出現に咄嗟に叩いて退治する人もいれば、あたふたしてる間に見失ってしまう人、退治したくてもできない人も多いのがこのゴキブリ被害!

 

ゴキブリによる精神的ストレス

●新居に害虫の発生でトラウマになる!

 

●夜も眠れない!

 

●捕まえられない!

 

●見るのも嫌!

 

●駆除しても頻繁に発生する

 

●小さな糞があちこちにある

 

●小さな虫はゴキブリの幼虫

 

●不衛生・病原菌を運ぶ

 

●食品・食器への注意・食中毒などの恐れ

 

虫の苦手な方のために、入居前の害虫対策で、

害虫ゴキブリと遭遇しないための注意点・対策法を知っておこう!

なぜ新居にゴキブリが出る?

物件の下見の時には、清潔感のある建物・内装できれいなお部屋・オートロック付きのお部屋であっても、害虫の侵入は防いではくれません。

 

新しい人が入居することで、室内清掃やリホームされた場所であっても、

排水口などから入り込んできたり、下見だけでは虫被害の確認まではできないものです。

 

新生活をスタートさせるなか、突然のゴキブリの出現!

一体どこからやってくるのでしょう?

 

ゴキブリが現れる原因とは?

●人が住んでいなかったこと

 

●外から侵入できる場所がある

 

●湿気が多く暗い場所

 

●排水や水回りの汚れ

 

●引っ越し荷物に紛れ込んでくる

 

●建物の構造(1階が飲食店など)

 

入居を決める前に虫発生率の確認

入居するまでの間、どのくらい誰も住んでいなかったのか、

空いていた期間もゴキブリが出現する可能性を知るポイントです。

 

既に潜んでいた可能性もあるので、確認しておきましょう。

又、入居前にどの程度室内を綺麗な状態にしてくれるのかなど、

建物の築年数を知ると共に確認を行うと良いでしょう。

 

又、はじめからゴキブリが住みついていた訳ではなく、引っ越し荷物に紛れ込んでくる場合もあります。

しばらく段ボールに入れたままの荷物に隠れていることもあります。

 

冷蔵庫の裏に巣を作られていたり、卵が孵化して小さなゴキブリが発生したりと、ゴキブリの発生原因は様々…。

 

新居に住みだしてからゴキブリ発生

見た目の印象と不衛生な場所にいるゴキブリは、暖かい季節には外から侵入!

室内で繁殖!が多い昆虫です。

 

アパート・マンション・建物内の

床下や、排水口、小さな隙間や窓や換気口から侵入してきたり、

引っ越し荷物の段ボールに付着していたが春に越してきて、

約1カ月後には一斉に孵化します。

 

小さな幼虫に気付かないままでいれば

夏には大きなゴキブリの発生も高まります。

 

成虫ゴキブリは、約3~5㎝ほどの大きさです。

 

外から飛んでくることが多いですが、

外のゴミや排水口などこまめにお掃除することを心掛けましょう。

 

お部屋選び・害虫対策のポイント

どのような環境でもゴキブリの発生をゼロにするためには、家の中だけに注意を払っていても難しいもの。

 

集合住宅では、複雑な構造であったり配管が他の階とも繋がっているため、

臭いのトラブルなどがあれば、不動産会社や管理会社に相談して対策を取ってもらいましょう。

 

対策が難しい場合には、マイナス点をあらかじめ理解した上で物件の契約判断を取りましょう。

 

個人での対策では、排水周りを清潔にし、市販の薬品を試す方もいらっしゃいます。

自身のお部屋を守るために日頃から対策を行うことも予防策になります。

 

大きく分けてこちらのチェックを心掛けましょう。

 

●キッチン・トイレ・お風呂場などの排水口

(ニオイ・カビ・滑りの除去・防カビ・防臭)

 

●シンク・洗面台下の排水付近

(隙間があると害虫侵入口となる可能性あり)

 

●付近のゴミ捨て場

(食べ物や生ゴミがある場所にゴキブリは集まる)

 

●自販機が近くにある

(自販機の傍にある空き缶・空き瓶用のゴミ箱も要注意)

 

●1階が食品を扱うお店

(飲食店・食品販売店では害虫発生率高い)

 

●隙間の有無

(窓・玄関・排水付近などにわずかなすき間から虫は侵入できる)

 

●窓の網戸

(網戸があることで換気をしたりする際に虫の侵入を防ぐ)

 

●森林・外灯の有無

(ゴキブリ以外の虫侵入しやすい)

 

あらかじめお近くの環境をチェックしながら、事前に害虫の侵入に注意しておくことも大切です。

虫退治に備えておこう

虫退治に必要なアイテムグッズで虫退治!!

 

新居に住む際には、見えないダニも退治させるために「燻煙殺虫剤」を使って駆除しよう!

 

市販の燻煙剤では「バルサン」が有名ですね。

荷物を運び込む前に、室内に何もない状態でバルサンを使ってゴキブリ退治!

 

寄せ付けない対策としても安心して使用できます。

一人暮らしを始める方に、お手軽な駆除グッズとしておすすめします!

 

燻煙殺虫剤「バルサン」の効果

 

市販で販売されている「バルサン」では、

煙の少ないタイプ・水を入れるタイプなど

安全性の高い商品として多くの家庭でも利用されています。

使い方は経験のない方でも簡単です。

 

お部屋の広さに合ったもの、設置場所、

煙探知器が作動しないようカバーしたり

作業は特別難しいものではありません。

使用上の注意を確認した上で使用しましょう。

>燻煙後の換気や清掃、掃除機を行うようにしましょう。

 

 

他にも様々な製品が販売されていますが、 燻煙剤は、一時的な効果を発揮させ、ゴキブリの活動時期に焚くとより効果的です。

 

「燻煙剤の利用のタイミング」

 

一般家庭で燻煙剤を使用するには、作業時間を取り、外出している間でなければならなかったり、 ペットがいると移動させなければならないなどの理由で行えないこともあります。

予め天候や日程を決めて行うとスムーズに準備ができますね。

 

燻煙剤を使用する時は、天気の良い午前中に行い、燻煙剤使用後の換気やお掃除も日中に行えるようにしましょう。

 

薬剤効果は1カ月ほどの持続効果があるタイプもありますが、時期をみて定期的に行うと良いでしょう。

 

※ゴキブリの卵には燻煙剤効果が効かないため、

卵が孵化した時期をみて再度燻煙剤を使用すると良いでしょう。

燻煙剤おすすめ時期

●1回目・ゴキブリが発生し始める3~4月頃。

 

●2回目・活動が最盛期を迎える7月頃。

 

●3回目・休眠前の9~10月頃。

殺虫剤の種類とは?

いざと言う時にすぐさま退治

必需品としてあらかじめ用意・設置しておくと良いもの

殺虫スプレー

新生活がスタートする中、突然現れたゴキブリ(害虫)の退治には、

やはり市販でも多く販売されている「殺虫スプレー」

 

「狙ったゴキブリを一撃!」

「ムースタイプ」「凍結タイプ」など

タイプに合わせた殺虫スプレーで死滅させるアイテムとして有名です。

 

もしもの時に備えて、常備しておくと良いですね。

ベイト剤(毒餌)

見たくない・出てこないでほしい方に是非おすすめ。

「ベイト剤」は、毒餌を巣に持ち帰らせて、巣ごと退治するアイテム。

 

キッチン・シンク下・冷蔵庫裏など、発生しやすい場所に設置しておくことで毒餌を食べたゴキブリを死滅させる効果を発揮させてくれます。

スプレーしたことで、寄せ付けない製品もあります。

 

捕獲器(粘着シート型)

ゴキブリをおびき寄せそのまま捕獲する「ゴキブリホイホイ」が有名ですね。

シンク下・冷蔵庫の隙間など、ゴキブリが出てきやすい場所に置いておくことで、捕獲後そのまま処分することができます。

 

ゴキブリ退治の注意

●ゴキブリは潰さない

ゴキブリ発生時に咄嗟の判断で、新聞紙などで叩きつぶすのは避けましょう。

 

なかにはしっかり潰して処分する方もいますが、菌を待ち散らしてしまう恐れもあるため、なるべく潰さずに殺虫スプレーなどで死滅させ、速やかにゴミ袋に入れ処分しましょう。

●トイレにゴキブリを流す

大量のティッシュと共に流すことで詰まりの原因にもなりかねないため避けましょう。

 

水中では生きられないため、ゴキブリをトイレに流してしまう方も多いですが、下水菅のトラブルにも繋がりかねないので十分に注意しましょう。

 

●ゴキブリを掃除機で吸わない

ゴキブリを掃除機で吸引させて一安心と思ったら、中から出てきたり、数日後に卵が孵化してしまったりする場合もあるので注意しましょう。

 

掃除機で吸引した場合には、掃除機内のゴミもしっかり処分し、フィルターなども清潔にしましょう。

 

ご自分で退治は難しい時には?

そんな方のために、プロにお任せしてみるのも心強いですね。

 

プロの使用する薬剤効果は、市販のものとは異なり、燻煙するだけでなく、丁寧な施工で作業を行ってくれます。

 

一般家庭・飲食店などでも発生する衛生害虫!

 

プロの手に掛かれば徹底した施工経験や知識を学び得た技術駆除してくれます。

 

虫の苦手な方や、建物の構造により頻繁に発生してしまうお店や店舗では、害虫予防としても対処してくれます。

害虫の発生を避けるための対策としても、プロにお願いしてみましょう。

 

まとめ

新生活をスタートさせるなか

一人暮らしの不安なことの中でもランクインする虫のトラブル!

 

そんな時のために「事前準備」しておくと良いですね。

 

暖かい季節や環境によって家の中では様々な害虫が発生することがあります。

 

【ゴキブリ・ダニ・チャタテムシ・ハエ・蚊・ハチ】など

と言った危険な虫も発生やすくなる注意が必要です。

 

日頃からお掃除はこまめに行い、ゴミなど溜め込まないようにしましょう。

 

卵を産み付け繁殖していくゴキブリを減らし

死滅させるために、殺虫剤を活用しながらお掃除は欠かせない対策です!

 

虫よけ対策として害虫に合った様々な製品を活用しながら虫対策しましょう。

 

なかなか解決しない、駆除に困った時には、

不動産会社や管理会社にご相談の上、プロの駆除屋さんにお願いしてみましょう。

 

ゴキブリ駆除|千葉・東京・茨城の害虫駆除・防除専門のQujolia(クジョリア)

 

このページのトップに戻る