お役立ちコラム|千葉・東京・茨城で害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除・防除のご依頼ならQujolia(クジョリア)へ

0800-919-6866年中無休 9:00-21:00

お役立ちコラム

コラム

千葉県内でもコウモリ被害多発中!アブラコウモリとは?COLUMN

 

今年は千葉県内でも家屋の隙間に巣を作り侵入されるコウモリ被害のご依頼が増えています。

コウモリはこの夏の時期が最も繁殖期となり各地のお宅に巣を作るアブラコウモリ!

普段あまり目にしないコウモリ…住み着かれていたらどんな対策をしたら良いのでしょう。

 

住家性コウモリとは?

日本で良く見かけるコウモリの中で家屋に住み着くコウモリはアブラコウモリだけです。別名イエコウモリとも言われています。

体色は黒褐色やこげ茶色で大きさは5~6cm程度で5~10gほどの哺乳類です。

平均寿命は環境下によって異なりますが、野生のコウモリは約3~5年前後、飼育下では20年以上生きることもあるネズミなどと比べると寿命の長い生き物です。そのなかでも日本で家屋に住み着くアブラコウモリは、他のコウモリと比べて寿命は短いと言います。オスは2~3年、メスは5年ほどの寿命と言います。

 

アブラコウモリが住宅街のお宅の屋根やベランダ、窓付近の隙間、わずか2cmほどの隙間に侵入し住み着き多く被害が増えています。屋根裏シャッターの裏雨戸の戸袋、網戸にへばりついている姿を見て驚く方もいらっしゃいます。アブラコウモリは戸建てやマンション、アパートや倉庫など、人が生活する建物、人為的に造られた場所を好む習性があります。基本的に寒さに弱いため雨風を凌ぐことができる場所。身を潜められる暗く狭い場所を好みます。繁殖期には出産を行うため、古い家や真新しい家でも小さな隙間、通気口などの隙間からも侵入し、一度の出産で2頭ほどの子どもを産んで住み着きます。家屋周辺にはコウモリの餌となる昆虫が街灯や部屋の灯りに集まるため、簡単に捕食できる環境はアブラコウモリにとって住み心地が良いのかもしれません。

コウモリに注意すること

コウモリと言ったら新型コロナウイルスの発生源が、コウモリが由来ではないかと疑われるほどウイルスや病原菌による感染症を媒介する危険のある害獣となります。

コロナウイルスとの関係性は低いとされていますが、未知のウイルスや病原菌を持つ可能性はあると言えます。

国外ではコウモリが原因で狂犬病を発症した事例もあるだけに、まだまだ把握できていない未知の病原体を持つ可能性は否定できません。

そのためコウモリのみならず野生動物との接触には十分に気を付けなければならないと言えます。

 

アブラコウモリは夜行性であるため、日中にはあまり姿を見せず、遭遇したからと言って人に襲い掛かってくることはありません。視力が弱く微量の光を探知する程度です。暗い時間帯になると活動し超音波や聴力に頼って飛び回るのです。

コウモリが誤って家の中に侵入してしまった際、パニックになり飛び回ったりはしますが、攻撃する訳ではありません。

ただし命の危険を感じた時、人間に触れられたり、身を守るために威嚇したり、驚いて噛みついてくることがありますが、突然襲い掛かって攻撃するようなことはほとんどありません。

 

夜な夜なコウモリが網戸にへばりついている姿を見つけて驚く人もいます。身を固め動かずにいる姿でも、とても不気味な印象で、お住まいの方は驚きや怖いとおっしゃる方が多いですね。刺激せずにそっと追い出すようにしましょう。

 

更にはねぐらとする付近に多くの糞をされてしまいます。

アブラコウモリは小さい身体のためコウモリの身体にダニやシラミなどの寄生虫が発生し、多くの病原菌が含まれていると言われています。

寄生虫に触れてしまうと痒みや湿疹などが発症してしまう場合があるので素手で触れないよう注意しましょう。

 

棲み付かれたコウモリの退治

コウモリが棲み付き、窓とシャッターとの隙間や戸袋に侵入されている場合、無理やり刺激しても室内に入り逆に慣れないコウモリを追い出すのが困難になる場合があります。その際には素手で捕まえたりせずに手袋を付けそっと外へ追い出すようにしましょう。

コウモリは益獣とされ、また鳥獣保護管理法によって無断で捕獲や殺処分は禁止されています。

駆除業者が行えるのも「追い出し」となる駆除がメインとなります。

一般家庭内で天井から落ちた子どものコウモリが動かずにいる…そんな時にも応急処置としてそっと外へ放つようにしましょう。

 

咬まれたり、引っかかれてしまう場合があるので素手で触らずに必ず手袋を付けることが重要です。

コウモリに咬まれ傷口や粘膜を口にしてしまったりすることは、狂犬病に罹患するリスクが生じる危険があるので十分に注意する必要があります。何十匹ものコウモリがいた場合や、例え数匹であっても駆除が困難となり、危険が伴います。無理やり捕まえたり刺激しないようにしましょう。

 

アブラコウモリに限らずコウモリは鳥獣の保護や管理、狩猟は鳥獣保護法によって守られていること。捕獲、飼育、殺処分をした場合、鳥獣保護法を守らなかった場合には鳥獣保護法83条1号により、1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金が罰せられること踏まえて対策しましょう。

 

コウモリを追い出す方法

コウモリを家屋から追い出すのは簡単なことではありません。追い出せたとしてもコウモリは再び戻ろうとする習性があるためです。コウモリを傷つけることなく追い出す方法として、市販でも販売されている忌避剤。コウモリの嫌がる臭いで追い払う方法があります。

忌避剤には様々な種類があり、シャッターの隙間や通気口など狭い空間でスプレーを噴射させ追い出すのに適しています。

天井裏や倉庫など、比較的広範囲にコウモリが住み着いている場合には燻煙剤を使用した駆除が適しています。

これらの作業はあくまで追い出すための方法です。コウモリにとって嫌がる臭いで外へ出て行かせます。

ご自宅に忌避剤がない場合には虫取り網や洗濯ネットなどを利用したり、手袋をはめてそっと手で捕まえ外に放つような方法もあります。

更には超音波を発する方法です。

コウモリは暗闇を飛来する際にも断続的に超音波を発して自分の位置など把握しています。

超音波を発することで追い出す際にも、追い出した後にも寄せ付けにくい効果があるとされていますが、超音波は一時的にコウモリを混乱させることができますが、長時間使用していくとコウモリはその波数に慣れ効果が低くなる可能性もあります。

 

忌避剤や超音波を使用しての駆除は一時的なものとして活用するのが適していると言えます。

住み着かれてしまった場所によってどのような方法が適しているのか、判断が難しいときには専門の業者にお願いしてみましょう。

特に天井裏など作業やコウモリの確認が難しい場所では経験や知識のある方が行うのが良いと言えます。

コウモリの超音波とは?

コウモリにはエコーロケーションという超音波能力を持ち自身の身体から高周波音を発して対象物との距離を受信します。

先程もお話しましたが、アブラコウモリは目が見えません。

獲物を捕獲する時や、物との距離感を把握するのに超音波や聴力を使って活動するため視覚がなくても上手に飛来することができるのです。

アブラコウモリは目が見えなくても光りを感じることができると言います。夜行性であるため昼間は大人しく住処にいて太陽の位置を把握し住処の場所の方角を特定していると考えられ、活動時は暗い時間帯のため視力が必要ないとも言えます。

 

コウモリ同士のコミュニケーションとしても使われ、住処にいる子どもとも超音波を発して居場所を確認することができます。駆除の際に使用する超音波は、コウモリの超音波を阻害させるために使用し、一時的に反応を混乱させるために使用するのです。

一時的に帰る場所をわからなくさせるために使用する業者もいれば超音波を使用しないで駆除する方法もあります。

 

追い出したあとには

何とかコウモリを追い出して一安心…と思っても追い出すだけではいけません。

コウモリは同じ場所に戻ろうとする習性があるため、侵入されていた場所の隙間侵入口を封鎖しなければいけません。狭く暗い隙間にコウモリが残っていないことを確認した上で、塞ぐ施工を行います。同様の窓際にシャッターの隙間や他にも狙われやすい箇所を見つけ塞ぐ施工を行います。

 

しかしながら家屋の隙間となる場所はあの通気口の1~2cmの隙間からでも侵入できてしまうため通気口や戸袋など隙間のすべてを完全に塞いでしまうと通気口の役目を失ってしまうので施工には目の細かいネットを使用するなどして工夫しましょう。

侵入されていた箇所だけを封鎖してもしばらくは周囲を飛び回っていることがあるので似たような場所にもある程度予防のための施工など備えておく必要があると言えます。

更にはご自身で隙間を封鎖させるには場所によって支障をきたす場合があります。

施工方法によってシャッターや戸袋が閉まらなくなってしまったりと不便さをきたしてしまう場合があるので作業は困難となるケースが多いのです。

 

アブラコウモリの糞尿

アブラコウモリは身体は小さいのに関わらず一日に多くの糞尿をします。ねぐらに2羽・3羽でも見た目は不快なほどの量をします。

天井裏などには10羽以上のコウモリが住み着いていた場合には大量の糞尿に建物が汚染され悪臭が広がるだけでなくダニやノミなど寄生虫が発生します。

 

ベランダや玄関、窓枠などコウモリの糞が落ちていたら要注意です!糞の発見でコウモリがいたことに気が付く事例も少なくありません。

屋根裏や天井裏などの普段見えない場所での被害で発見に遅れがでると驚くほどの糞尿が溜まっている場合があります。

天井にシミのようなものができたり、家の木材が腐ったりしてリホームが必要となるケースもあるので、早期発見が重要となります。

 

コウモリの糞尿には多くの病原菌やウイルスが付いているため、悪臭や害虫が発生し健康被害に繋がる場合があります。

免疫力の低いお子様やご高齢の方、ペットがいるご家庭では注意が必要です。室内において悪臭やダニなどの害虫が頻繁に発生したり、異変を感じた際には点検をご依頼されると発生原因が他の原因であると判明することも。

ダニの発生原因がコウモリのような害獣が侵入されていたことによる二次被害であったという事例もあるので、室内での異変にご心配な時には天井裏などをチェックすることも大切です。

 

一日でも早く解決するために

コウモリの姿を見掛けていないけど糞尿のお掃除をしていてもまたされている…調査をしたらコウモリが隙間の中にいた!と驚いてご相談される方も多くいらっしゃいます。

「まさかこんなところから?!」と信じられないほどのわずか1~2cmの隙間から入ってきてしまうことを知ったお客様も驚きを隠せずにいました。

この夏は特にコウモリが活発に活動しています。発見次第、素手で触れると咬まれてしまう危険もあり、追い出しても再び戻ってきてしまう可能性があるので、施工を含めた知識や経験のある専門の駆除業者に依頼をされることをおすすめします。

終わりに

今年はコウモリによる被害が例年より増えつつあります。普段あまり見慣れないコウモリですが、夕暮れになるとヒラヒラと飛んでいる地域も増えたように感じます。

当社クジョリアでは、コウモリが「窓にへばりついている姿を不快感や心配で眠れない…」「屋根裏やから物音がして気味が悪い…」そんなお悩みを一日でも早く解決するために、日程を組み次第、迅速に対応致します。

被害状況、環境や構造によって施工は異なりますが、それぞれの被害状況に合わせた施工を行います。

実際に現場にお伺いさせて頂き、被害の状況をご確認させて頂き、費用についても追加料金などの発生がないよう、しっかりと調査を行い地域密着サービスでご信頼とご納得頂けるようなサービスをご提供させて頂いております。

他社と比べてご検討も可能です。一日でも早く安心して過ごせるためにクジョリアは駆け付けます!!

 

※ご依頼・お問合せによってご予約がご希望通りに添えない場合がございます。改めてご了承くださいますようお願い申し上げます。

このページのトップに戻る